薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムの日[U] 【次は池袋で『ゼータガンダム2 変人達』】

<<   作成日時 : 2005/12/06 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像過去フィルムが(アスランっかってくらい)ザラ・ザラしてて汚い汚い〜(笑)。
そして今のフィルムが、つるつるテカテカしてて綺麗綺麗。
切り替わりの度にちょっとしたストレスや違和感を感じていました。

『劇場版ゼータガンダム 恋人達』のフィルムとTVのとで質に差が有るのはしょうがない事だとは思いますけれど、そもそも、あそこまでやっているんだから、全部作り直したら良かったのでは無いかなとも、思って見ていました。

割く手間として、コンテ…というかカット割りみたいなのは昔のをそのまま使うみたいな感じでも良かったのではないかなと。
昔の絵は週アニメ的な崩れもしっかり見せていましたし。 

作り直しをした映画の冒頭シーンと以降のベルトーチカの印象(性格)の違いも(導入部としては)少し気になりました。
チグっとしたりハグっとした印象は全編通じて感じてしまいました。


【フォウやサラについて語りまフォう】
色々意見が変わって申し訳無いのですが、見た後の気持ちとしてはこれも違和感を感じたと正直に。
(今は)「TV版の島津さんを使え」といった意見はノスタルジーだったのではないかなと思っています。

現在の島津さんよりも、フォウに向いた役者さんは案外沢山いるのかも知れないとも思えています。
同窓会では無いですし。
フォウと「年の近い」役者さんに頑張って貰うというのは確かに「有り」なやり方だったと思います。
ただ、それが「ゆかなさん」だったかは正直微妙でしたけれど…(笑)。

良い役者さんだとは思うけれど違和感を感じました。それは彼女の技術的な事だったのか演出の問題だったのか(分かりませんけれど)。演出のせいだったのかな…?

今映画では、(自分にとって)フォウに必要だと思えている不思議さとか…情緒不安定さとかがすっかり抜けていたと思えましたから。フォウに関してはただ「ちゃんとしっかりした軍人(…が悩んでいる)」みたいに描かれていて(又は演技されていて)、強化人間の悲劇としては目減りしていたと思いました。

サラの変更は良かったかもしれません。水谷優子さんにはずっと良い印象を持ち続けていますが、水谷さんの「聖少女バフィー」の吹き替えやってた頃からの特にアニメ的な『鼻から全部空気出してます(笑)発声』は(大人の鑑賞に堪える物として作りたかったであろう今回の)映画には向かなかったと思いますし。

そのサラは池脇千鶴さんが演じていました。若いけれども良い仕事を沢山している女優さんです。
「年が近い者(実力は必要ですけど)が演じる」という事にも最近は中々価値が有るなと思えるようになってきました。
良かったですよサラ。多分今の水谷さんがサラとして頑張ってしまうよりも。
水谷さんは人としても好きですが。

キュベレイがまだ完成してなかったのも小さな驚きでした。
TV放送では「キュベレイ、あれも完成させていたのか」みたいな台詞がクワトロ大尉からあるシーンなんですけど、映画では白いハマーン専用ガザCが出てきまして。

ガザCって格好よかったんですね、というのがこの映画一番の感想(笑)。
ゼータが好きなので甘目で79点。   


映画ゼータ関連の過去の自分の気持ちリンク
http://steici-ya.at.webry.info/200509/article_4.html
http://steici-ya.at.webry.info/200510/article_17.html
そして画像はガンダムミュージアムの、遊んで良い展示品での薙作品。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の判断より厳し目なのに点数的には高目ですね。
自分的には60点くらいです。
作画関係は自分が絵を描く人間という事もあり、
あれはアリって事になってます。
一年チョイで全三部作を作っているわけですから、
それを考えると「これはこれで良し!」とか思ってしまいます。
制作費が少ないところをみると作画、動画関係にあまり人使えてなさそうだし。
(制作費が確か種死の2話分にも満たない制作費だったはず)
むしろ時間的にもなんとかなったはずの声優の方が気になってしまいました。
とくにファはまずいなぁって・・・代えるにしても、もっと出来る人を使って欲しかったです。
フォウは実はあまり違和感感じませんでした。
CMで聞いていたってのもありましたが、「思い出なんて・・・消えてしまえぇっ!」
って台詞が力強さが島津さん番よりあって良かった感があります。
サラは・・・あまり良く憶えていないんですが「パプテマス様」って言ってなかった気がするんですが?
声優うんぬんよりその辺の台詞が気になりました。
あの呼びにくい名前を無理に呼ぶのが良かったのに・・・・。
ジョカトーレ大澤
2005/12/09 02:33
実はジョカトーレ大澤さんの感想は映画見てから見ようと思っていたら(先入観ナシで見る為に)HP改装で見れなかった事実(笑)。

点数とか気になるポイントは違っても、結局は「まぁあんなもんかな」って思っているんだと思うんですお互いに(笑)。

制作費少ないんですか? 何かリーンの翼を映画かなんかでやるからその予算を作る為にゼータは作ったみたいな噂も聞きましたけど…大人の世界は色々大変なのかもしれませんね(笑)。

ファの人は確か引退してるんではなかったかな。ロボット大戦では探り当てられてラチされてた気が…(トッド・ギネスの人も)。
「思い出なんて消えてしまえ」の台詞のところは自分的にも良かったと思っています。

そしてエマさんが一番可愛くなっていた映画でした。
あと皆、異性の前でも平気で着替えるってのが宇宙での、そして軍隊っぽさを感じさせて面白いシーンでしたさ。

エマぱい。

2005/12/09 17:49
まぁ、日記はたいした事書いていなかったわけですが・・・・(汗)
点数はあれですからね、人によって合格点違いますからねぇ。
自分の場合の60点は及第点なので楽しめたって評価です。
50切ると駄作。あまりないですけどね。評価甘いですからw
以前特撮マニアの先輩に騙され連れて行かれたゴジラVSメカゴジラは辛かった・・・。
しかも舞台挨拶まであって辛かった・・・ありがた迷惑でした・・・。
釈由美子は可愛かったけど。

リーンの翼はネット配信アニメですね。
かなりやばそうですよ。ネット配信ってところが(汗)
オーラバトラーなんて、なんでここまでダンバインとデザイン違うんだって感じですし。

ファの人は引退していたんですね。
エゥーゴVSティターンズとかもわざわざ引きずり出してきたのか(汗)

絵馬さんといえば必要に迫るヘンケン艦長に哀愁が漂いまくりでしたね。
カツを引き受ける代わりに絵馬さんよこせってシーンは監督、声優陣のお気に入りシーンらしいですよ。
ばっちゃが言ってた。

・・・いや舞台挨拶で聞きました。
ジョカトーレ大澤
2005/12/09 22:46
リーンの翼でオーラバトラー出ちゃうんですかぁ…。
ビデオ版は途中まで面白かったのであの世界観で行って欲しかったです。
特別な力はリーンの翼のみ。リーンの翼の力だって大したモンでは無いって風な(笑)。

ところで「ハリーポッターと秘密の部屋」の舞台は女子トイレでしたネ。
ていうかネット配信なんですか? そういうの苦手だなぁ…。
敷居が低いようで高い人には高いですよね。ネットものって。

カツを押し付けあってるシーンは好きでした。
映画館にいたお客さんも皆ちょっと笑ってたし(笑)。
「いいな…」
「…いいな」

(笑)。

ハーマイオニーと秘密の○○○○

2005/12/09 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンダムの日[U] 【次は池袋で『ゼータガンダム2 変人達』】 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる