薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートジャパンオープン2007見てきました

<<   作成日時 : 2007/05/08 00:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
それと、夜の部のガラ(Carnival on Ice)もですね。日本語で言うと「氷の上の謝肉祭」。…ちょいと怖い。

先週の日曜ですが。埼玉広いですね。駅の数がこれだけだから時間はこれだけあれば…と思ったら一駅が長い。しかも新宿でまた電車乗り間違えてさー。またか(定番になりつつある)。

【生感】
埼玉スーパーアリーナのリンクですけど小さいのね…。テレビで見ると凄く広大に見えるんですけど。
良く、生で見ると氷掻く音の大きさに驚くとか聞くじゃないですか。それ無かったです(笑)。
テレビは中々良くやれてるんだなと。無音ならまだしも、競技中に音楽かけられてたらテレビと変わらないです。

席次第では全然テレビの方が迫力があって、遥かに良いですよ。ほぼタダだし。うちテレビでかいし。
会場でしか見れない映像とやらも流れましたが、テレビ放送したみたいな映像をコラしただけのものでしたし。
しかもスピードスケート・ショートトラックの映像も使われてて「何じゃね?」って感じ。


【そもヂャパンオプーンとは?】
さて今回で二回目のジャパンオープン。
日本・ヨーロッパ・北アメリカの三地域でチームを作っての対抗戦という形で優勝を競います。が、まぁ基本は
お祭り
です。試合というよりショー的な興行だと思っています。

三つ巴戦自体が、一対一とかに比べると対決色薄めてる印象ですし。
一旦、世界選手権でピークにまで持っていた心技体の残りパワーで、どこまで出来るのかを競ってみるお祭り。
ここに合わせて、そんなに作り込んでくる選手もあるまい(実際みんな点数そんな高くない)。

てか日本チームにお金上げるショー的興行というか。インチキって事では無いのだけど、日本だけ安藤美姫・
浅田真央・織田信成・小塚崇彦とバリバリの現役選手でチーム固め
てます。

海外はどちらのチームも、随分前にプロに転向したり、このルール改正後に滑るのは初めての…言葉は悪いで
すが男子は(分かり易く言うと)ロートル一人ずつ入れられたり、女子は…この娘は実力的に日本チームと吊り
合わんだろみたいな、調整はひしひしと感じます。

ロートル呼ばわりを便宜上させて戴いたレジェンド達は、プロでは現役バリバリなのかもしれないですけど、別モ
ノの競技という意味で不利くらってます。


日本        ヨーロッパ           北アメリカ  
織田信成     アレクセイ・ヤグディン    トッド・エルドリッジ
小塚崇彦     ブライアン・ジュベール    ジェフリー・バトル
安藤美紀     サラ・マイヤー         ジョアニー・ロシェット
浅田真央     キーラ・コルピ         キミー・マイズナー



【感じた事】
スケートの内容はまぁ良いです。テレビでもやったし。という事でそれ以外の…気付いた事とか愚痴とかを(笑)。
イケメン力なんですが…会場で見る限りノブもジュベールも変わりません(笑)。
この事からも(テレビ観戦ではここまで感じられなかったのですが)…手脚の長さ、大きな動作はとても重要だと
今まで以上に感じました。

女子にしても派手なメイクだなーとテレビ見てて思った事はあるのですが、選手にしたら、会場で、先ずジャッジ
や観客に魅せなくてはならない訳で。テレビ観戦とは確かにちょっと違う。
脚を「どりゃー!」とか上げたり、ちょっと女子選手は、初めは恥ずかしかったんじゃないかなーと、そう思わない
事もなかったのですが(笑)会場で見ると…テレビで見るよりその動作も小さく感じる。

でも編集したものじゃ無い連続した物を見れる楽しさって良いですね。皆で集まって、ふぁいとおーの場面で
も、重心移動だけで、これだけ身体を自由に流せるんだーとか今更ながらに感動しました。


【気になった事】
リンクにプレゼントを投げ込まないで下さいとあちこちに書いてあり、アナウンスもされているのに(プレゼント
は下で預かって必ず渡すって形でした)どうしても、したいのか、やっぱり投げ込む人が結構いたんですよ。

上の方の席からドカドカドカって降りてきて「とぅ!」とばかりに。でも届かずにフェンスの手前でボスっと。
かなり格好悪いんですが何度も(笑)。テロか。
選手も身近に飛んできたプレゼントがあっても今回は一切、拾いませんでした。そう言われていたんでし
ょう。安藤選手の近くに「投げ込みブツ」が落ちた時も拾わずに戻ったのですが…ハラハラしました。

テレビでこのシーンが流れたりすると、「チャンピオンになって調子にのってる」とかまたネットで叩かれるのでは
ないかとか心配で心配で(笑)。
投げ込みの処理の為か終了時間が押してしまいまして、夜のエキシビションの開始も30分くらいは遅れ
のかなぁ…。それでも一応回収の子供スケーターは準備していたみたいでしたけど。

カメラ撮影も禁止されていたのですが、あっこちからパシャパシャとフラッシュまで焚いて摂っていましたよ(照
明落としてやるエキシビションでまで。客も選手も気が散るっての。自分は気が散った)。

「あいつらだってやってるじゃん、ずるいじゃん」って事なんでしょうけど…少なくとも左端の写真集団は許可受
けてる 「記者席なんだよ!」
 多分分かって無かったと思いますが(笑)。


あとは客全員に夜光塗料のペンが、夜の部のガラ(エキシビション)用にと配られたんです。エンディングで皆で
光らせて参加しましょうって物なんですけどいきなり折って光らせてるヒトが自分の席の丁度向かいにいて(笑)
光ってるからつい視界に入っちゃうんですよ。てか振ってるし! 
その度に気が散りました。キミ達は自分達さえよければ良いか?と。


画像【選手とか】
ジョアニー・ロシェット選手って何かに似てると思ったら メガデウス に似ているんですね。ビッグオーみたいです(笑)。
体形とか顔とか。がっしりしていて、なで肩で、首は北斗の拳とか男塾の連中みたいに太いです(笑)。でも美人ですよ。

そう言えば、来る事になっていたキム・ヨナ選手は例の持病の腰痛のせいか急遽参加取り止め。
もうちょっと早く発表しても良かったのではと、主催者には言いたい。もうちょっと早く取り止めは決まっていたのではないでしょうか。
チケットの販売に関わってくるんでしょうけど。

ヨナ選手の演技が見れなかった事は残念でしたけど、それよか選手なんですから、お祭りで消耗させず(笑)身体を大事にしては頂きたいので、それについては全然OK。彼女には謙虚で性格も良さそうな印象を、特番で受けました。
スケートのシーズンは終わったので、しばらくゆっくり療養して良い方向にいって貰いたいです。


世界ランクをそのヨナ選手と分け合って同1位の浅田真央選手は今回とても調子が悪かったみたいです。
演技中二回も転倒して、演技修了直後は、今まで見た事も無いくらい浮かない顔でした。
モニターで見た時に思ったのですが、転倒して立ち上がった時に良い脚してるなと。

…変な意味じゃなく(笑)。
そうは見えないんですけど、実はしっかり筋肉がついていて、ちゃんと力強い脚してるんですよね。無論太くない。
そう言えば何で片手のビールマンスピンやめたんだろう? 
今やってないですよね? 靴で指切っちゃったのって彼女でしたっけ? そのせいか?

インタビューでも安藤選手の事を「みきちゃん」って言っちゃったり、こういうのしっかりした娘だから(荒川選手を
公式の場で、しーちゃん言いまくってた安藤選手とは違って【笑】)相当まいってるんだろうなと思ったりしました。
早い内に来た(成長による?)スランプはむしろ歓迎すべきだと思うし(後々の五輪がらみの試合だったら目も当
てられないです)、シーズンは終わりな訳ですし…まぁ…グッドラック!(笑)。

ガラの方でその真央選手のバーターの浅田舞選手が出てきてですね、あぁ妹の七光りでまた出てきたなお
姉ちゃん(笑)と思ったりもしたんですが…魅了されました。
照明を落とした会場でスポットライトを身体に受け
て、えぇ…とても良かったのですよ。
これからも頑張って欲しいです、出来たら パートナー見つけてアイスダンスで!笑)。


アイスダンス向けだと思うんですよね。あと、こういうショー。ショーであれば(点数競うのでなければ)真央
選手とも互角かそれ以上にやり合える方向の人だと
今回確信しました。長い手足が薄暗がりの中で映える
映える。
アイスダンスは日本の第一人者である渡辺心・木戸章之組が今期をもって引退されてしまいましたので…。

舞選手にはアイスダンスで(ペアじゃない所がミソ)世界と戦って行って欲しいなぁ。渡辺・木戸組ですら越
えていけそうですよ?(ジャンプとかないし)。シングルだと彼女の力では(今の日本では)とても代表として
入り込む隙が無いですけど、アイスダンスとなった場合は、実は彼女こそ最強の代表選手になれるので
はないかと。


追伸 ジャンクスポーツに、ペアだかで全日本(Jr?)で2位だかになった事があるアイドルが出てた気がしましたが、日本はペアや
アイスダンス不毛地帯で、出るだけで優勝とか、試合自体組めないとかあるから気にしたらダメです(笑)。


キミー・マイズナー選手 は先ず、一目見て「美少女だ!」って感じました。
そして生 キーラ・コルピ選手 を見た後にキミー選手を見て「ん? 少女だな」と思った。

キミー「あれっ!? 美は?!」(笑)。

キミー選手も、何て事ないところで座り込む様にお尻をついてしまっていました。心技体とも作ってきてないなー
皆って感じの、この微妙にゆる〜い感じがとてもお祭りっぽくて良いんですよ(笑)。
「怠け者の節句働き」みたいな、がっついて作り込んできたヤツがいなかったのは、実は好印象でした
(選手にも大会にも)。それに、ついこの前、世界選手権があったんですから、…消耗してなかったら(出
来てなかったら)そっちの方が嘘ですよ。



【結果】


1 日本     497.47  賞金 80000ドル
2 ヨーロッパ  471.11  賞金 60000ドル
3 北米     458.81  賞金 40000ドル



ってな訳です。ビリでも一人頭100万円くらい貰える大会(対抗試合の賞金って言うよりもショーの出演料だと思
います)。日本チームに800万円あげてキノシタグループが選手とのパイプを作ったり宣伝したりする為の大会?
(重ね重ね八百長では無いですよ? 人選があるだけ)。

でも、まぁまぁ…楽しめたショーでした…(後述)。

テレビ放送では、何かメダルの具合が気になったのか、表彰台で楽しそうに浅田選手と安藤選手がメダ
ルいじり回して会場からも少し笑いが起こっていたシーンがカット
されていました。楽しそうで良かったのに。



【満足度を値段にする】
4500円
(三地域対抗戦の方)。

自分の席は良い席なんですよ…値段は。
自分の席はS席 15000円という席でした。この上には最前列のSS席19000円があるのみでした(欲しかった
のはこっち)。しかしだ、このS席15000円がとんだ一杯食わせ物でした。

リンクが近いと思いましたよ初めは。でもコーナー位置の段差にいまして。演技は基本、ジャッジ席の前で始め
られますが、そのジャッジの席はリンク中央には無かった様です。かなり、自分がいた右コーナーとは逆の左
コーナー寄りに感じました。
正直、あっちでやっているなーという印象。


使うリンクはほぼ向こうから4/5。メインで使うスペースに限っては向こうから2/3のスペースって感じでし
た。気付いたんですけど、コーナーってのはとても見にくくてですね、試合終了後、正面の二階席(?)最後列
まで上がってみたら、全然安い筈のそっちの席の方が全然良い席に思えてショックでした。

こっちに15000円のままで良いから移して欲しかったと思った位右端のS席は悲しい席だったんです。

「運が悪かったね」「席の良し悪しってものは同じ値段でも有るもんだよ」とか言われそうですが、そうい
う事ではなくてですね
S席にしてはいけない前方列って物があるって事を、主催者側には知って
欲しいと本気で思った訳ですよ。
アンケートも書いてきたけど、関係者が、イベントの評判知ろうとここに迷い込んで来る事を願います(笑)。

真逆の位置でも同じ事が言えたのかと言うと、演技終了後にインタビューを受けるインタビュースペースと、キス
&クライがそちら側からは遠くない位置から見れたみたいで(うちらは唯一全然見えんコーナー…)。

「…なに…この席?」って感じでした。
同じ右コーナー側でも、もっと安い後方の席ならインタビュー受けてるなーって、遠目に見えたのかもしれない不
条理。はっきり言って二列 228番の辺りの席は最低でしたし、周囲の観客も不満だった様子でした。
隣に座ってた母娘連れなんて「こっちにも来てくれないかなぁ…」って。
聞いててこっちが可哀想になりました!(笑)。


でだ、満足度なんですが、あの席に幾らなら出せるかという事で書かせて頂きました。4500円の価値なら認
めるという事です。初生観戦がこんな事になってとても残念でした。

関係者がこんなブログ見る事は無いと思いますが、二重に裏切られた気持ちになった事を書き残して置きます。

一つは(こういった理由から)不当に高いチケットを掴まされた事。
一つは、良い場所で、ちゃんと見たいと思っていた人間の期待を裏切った事。


似てるようでちゃんと違う事なんですよ。万が一ここ見る機会があったとしたら(メール出せれば言いたい位だ)、
あの席周辺は、少なくとも「前方列に有るC席 6000円」程度の値段にすべき
だと思う。

そうするべき程度の席ですし、良い席で見たいと思っている人を裏切らないでも済みますし。
来年もどうせ同じ配置で同じ事するんでしょうし。
…正当な事言ってるつもりだけど…痛い人みたいになってる気もしてきました…(笑)。おのれキノシタグループ。



【ガラ】
こっちは凄く良かったです。S席17000円。満足度は…では17000円という事で。席に見合ってますね。
上には買えなかった20000円のSS席があるのみです。

こちらは三地域対抗戦の時とは対角線のコーナー側で、角っぷりは先程よりは緩やかな席です。
S席の3列目という事で、先程より一つ下げられていますが天国でした。選手の登場も見れる様になりましたし。
こっちから試合見たかったかも…。試合とガラの席が逆なら…。

遊びに来たピカチューとニャースも丸見えです。別にいらないオプションですが(笑)。

ニャースと言えば、テレビ放送のとき、インタビュアーとのからみがあってですね、ちょっと中の人が喋っちゃっ
た様な気が…
キャラっぽく(笑)。少しですけどね。話しかけらても仕草だけで良いのに…義理堅さがなぁ。

…始末書だな(笑)。

良い席だったけど不満が無い訳ではありませんでした。会場を暗くしてライトが効果で使われるじゃないですか。
カラーのレーザー光線も使われていてですね、それが対角線上からリンクに向けてこちら側にも。
固定ターン・ほぼ固定ターン・固定みたいな感じでかなりの時間目を焼かれていました。


こっち席でも運悪く、丁度レーザーの正面に座らされていた訳です。眩しくて目を瞑ったり細めていたりしたら眠く
なってビッグオー…じゃなくってロシェット選手の辺りで、うつらうつらと眠くなってしまったりで散々でした。
微妙に発信元の角度変えてくれるだけで、真っ直ぐレーザーですから被害も周囲の席での分割になった訳です
よ。キノシタグループに嫌われてる気がしてきました(笑)。いや、主催はテレビ東京なのですが。

フィナーレも良かったですよ。オープニングも期待感を一杯に感じさせてくれましたし。ガラこそ会場で見るべき
なのかも。

フィナーレで外周をくるくる皆で回ってくれたんですけど、目が合った!みたいなのあったら嬉しいじゃん?
ノブとは合った気がする(笑)。あとパンフレットを2000円で買ったんですけどこれも微妙でした。

厚手のフニフニしたカラーのビニール袋に入ってて豪華だなと思ったんですけど…バラバラなんです(笑)。

製本された状態ではなく、ページごとにバラバラ。うわ、自分的に最低だ。ビニール袋は、ただの纏める為の必
須アイテムでした。気に入った写真とかのページを、額縁に入れて飾れる様にという配慮なんでしょうか?
真央やんとヨナ選手の対談は、テレビの大会特番でやってたのをダイジェストで文字に起こしただけですね。

誰か、この大会に、色々とブレーンとしてついてやって下さい(笑)。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケートジャパンオープン2007見てきました 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる