薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオ神戸前向女学院。の公開録音に行って来ました。

<<   作成日時 : 2008/11/25 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像相変わらずの遅ればせながら、その時の事を脱線しながら書いたり書かなかったりしてみようと思いました。
11月9日は楽しみにしていた『神戸前向女学院。』の公開録音の日でした。

神戸大学の学園祭も楽しかったのですが、妙にアイスの天ぷらの多い学園祭という印象。

問題となっていた仕事でしたが、職場は結局、一日機能を閉鎖しましたとさ。ふ(笑)。



【公録までふらりふらり】
模擬店は色々とダブり過ぎでしたが、学園祭としては日大よりも規模も大きく活気もあったようでした。

あちこちの辻で色んなジャンルの演奏。脚を止めてあちこち。中々に楽しめました。
展示は、感想とか署名させられるの義務みたいに押し付けられるのが嫌なのでそういう所からはエスケープ。
感想なんてものはせびる物じゃないです(笑)。溢れれば自然言葉や文字となりましょう。

構内のイノシシ出没警戒区域ポスターとかで神戸気分を満喫。来る時にタクシーの運転手さんに神戸って何を食べれば良いんですかねー、どこか見るとこありますかねーと質問してみたら、「何も無いねー」(笑)。

ギリアン・シードになってスナッチャーから守った町がこんな町だったと知って絶望 しました。ふとゲームと現実がごっちゃになる絶望感。まぁ運転手さんも言い過ぎだとは思いますが。

そう言えばの神戸牛は、地元では余りリスペクトされていないのか神戸空港内のレストランでも取り扱って無かったです。どういう訳か オーストラリア産のステーキがでかい顔を していましたけれども(しかし麻里奈さんも神戸牛食べられなかったみたいなので良いかなと【笑】)。
なので帰りはうどんだけ食べて帰りました。自分を傷付けて戒めとする為に。



画像【公開録音】
会場の講義室に入ると前方に黒板。色々と落書きが してあります。あとは皆で歌う羽目…じゃなく(笑)歌う事になる校歌の歌詞が書かれていました。校歌斉唱は気持ちが良かったです。

知らない人達で一緒に一つの事を考えたり、笑ったり、そして歌を歌ったり。不思議な一体感みたいなものがありましたし、ラジオの公開録音ってものは良いものですね。

先ずはパーソナリティーの二人が 前女の制服姿 で登場。

伊藤かな恵さんはやっぱ小さく、井上麻里奈さんのポケットに入っての登場。
推定体長20センチ。麻里奈さんが公録中に落として踏んづけてしまう一幕も。(いや言い過ぎ。話半分で聞いておいて下さい。つまり…身長…倍?)。

だが。

しかし。

伊藤かな恵さんは中等部で良いかも(笑)。

画像一番初めはタイトル決めの為の関西弁寸劇を二人でされていました。配られていた紙にテストという体でタイトル書いて下さいとの展開。

てか、紫色の前女ボールペンゲット! ノック部分の蓋がパカパカ外れます。画像だと青いですね。

そしておもむろに運び込まれて来た眼鏡。教師風な二種類を着ける二人でした。パー着。

伊藤かな恵さんは丸黒ぶちのグルグル眼鏡。そんな井上麻里奈さんは赤ぶちのシャープな女教師風のモノをつけましたが、麻里奈さんはテストを見回る為に、かな恵さんと眼鏡の交換をしました。

女教師風な物をつけて興奮したリスナーの中に入って行くのは危険、グルグル眼鏡で刺激を減らすという神算がそこには!
有ったかどうかは知りませんが有ると良いねが有ったら良いね(笑)。

そうそう、席運は今までで最悪でした。丁度ステージの二人に被る形で前の方に人が居て、いつもの救いも無かったです。ちょっと右寄り過ぎの所もあり席的には残念でした(列は中段くらい)。ローソンでチケットを取れたのは「回線が混雑しています」との事で10分弱の遅れだったんですけれども、そんなものでこの結果ですよ。

よ、人気者。
この点に関しては、生まれ変わったら、もっと人気の無い人達のファンになるという形で対応出来たらなと思っています。見回り麻里奈さんは 「お触り厳禁ですよー」 と言いながら笑いも取っていましたが、まぁ本音も? プチ警戒?(笑)。

麻里奈さん自体は「お触り現金」で阿澄さんの胸とか良く触ってるらしいですよね。一回500円らしいですけれども踏み倒す気満々では。
見回りですけど左サイドの方達は実にラッキーでした。先ず上りだから麻里奈さんがゆっくり上がってくるじゃないですか。右サイドこちら側は下りになりますし進行上ぴゅーって戻らなくてはいけなくて、記念すべき最接近は一瞬の背中でした。背中は可愛かったです(笑)。

タイトルは結局 「愛を取り戻せ!!」 になりましたが…愛で空が落ちてきそうなんですけれども。YOUはSHOCK!
パーソナリティーの二人で『神戸前向女学院。公開録音 in 神戸大学「愛をとりもどせ!!」』のタイトルコール!
愛を無くしていたんだ…我々…。

それから、井上麻里奈さんによる、事務所の先輩の 若本さん批判 コーナーですよ。
本当は若本さんの身振りを交えた物まねでメールを読んだだけなんですけれど(笑)素晴らしかったです。新井里美さんとかと若本王決定戦をして欲しいですね。優勝者はサザエで一回アナゴさん役が出来れ。

さて、その“若本さん読み”されたメールの提案どおり番組のジングルを撮ったんですけど、皆でタイトルコールしたんですよね。麻里奈さんの一言で、「若本さんの物まね」で。 ぶるぁぁー(笑)。

「アナゴ君ばっかりブレイクしてずるい!」 (CV 増岡弘)


【相談コーナー】
愛を取り戻せ!!のタイトルを書いたリスナーを壇上に引っ張り上げて無理矢理お悩み相談。
今持ってる悩みを引っ張り出す二人。「大学院でやってる研究が今年中に終わるかが心配」というアカデミックな悩みを無理矢理に恋愛相談の方にすりかえて、ちゃんとアドバイスをしたかのような体で終わるコーナーに(笑)。

一般放送のお悩み相談コーナーでは良い話が聞けたりもする二人なんですよ。本当なんですよ? 
…リスナーにフォローをさせないで下さい(笑)。

「和菓子屋を親に継げって言われているけど他にやりたい事がある」ってお悩み相談は良かったです。
声優になるのに親とか周囲(先生とか)に大反対された伊藤さんや、親や周囲に応援して貰える様な形を作り上げていけた麻里奈さんじゃないですか、そんな二人の話は良かったなぁと今も思い出したりします。

忘れようとしても思い出せないのだ(バカボンパパ風)。


画像【学園祭の華と言えばライブです】
伊藤かな恵ぽっぽっぽハトぽっぽライブ2008(笑)。リコーダー で吹きました。吹きながら吹いていました。
ホテルで前日にピーヒョロ練習。部屋の前通ったら怖いですね。それに合わせて麻里奈さんが当日初対面の楽器を使って伴奏 という趣向。

パフって鳴るラッパ。ギロがついてるマラカス、マラギロ。ポッポーって汽車みたいな音の鳴る笛。トライアングル。息を吹き込むとピーって音が鳴って伸びる紙笛みたいなの(三又。カチューシャのように頭につける)。牛声管(メモにそう書いてありますが…何だっけ)。オカリナ。カスタネット。

どれを使いますかという話になって「全部使います」という麻里奈さん。そんな事をするから合奏は可笑しな事に(笑)。
この人色々良い歌歌ってる筈なんだけども(笑)。
頭からピーとかツノ生やさせていたりしました。
かな恵さんも吹き出しながらでしたし。

前女のDJCDの第二段が12/26に発売されるみたいなので、ボーナストラックで収録され…ないとは思いますけれども(笑)。画像は神戸大学で壁に貼ってあったポスター。


【マリアさまがみてるみたいな雰囲気の朗読劇】 
『麻里奈様がみてる』
いや、これが結構面白かったんです。アフレコの様子とは違うんでしょうけれど、その雰囲気は感じられましたし。伊藤かな恵さんの台詞ですけれど、聞いていてちゃんと「心の中の声」と「台詞」の差が分かるんですよね。そんな事を再確認しました。

そこ面白かったです。何で分からせられるんだろう。まぁそういう技術なんでしょうけれど。
麻里奈さんのキャラが泣くシーンがあったんですけれども、表情も台詞に引っ張られて泣きそうな感じになるじゃないですか。
ドキドキです(笑)。(台詞に引っ張られているのではなく、表情を変える事で声を出力しているんですかね?)
良いお芝居を見させていただきました。

声の演技が出来ればアニメで無く、実写という形のドラマでも、演技という意味で作品作れるのかなとかちょっとそんな事も思いました。…それとも麻里奈さんは演劇やっていたからなのでしょうか?

NHKの番組で朴RO美さんのアフレコの様子を見た事が有るんですけど、股間をぶつけたターン∀のロランと全く同じ表情になっていて驚いた事があるのですが。この人は股間に“持ってて”ぶつけた事があるんだとすら思いました(笑)。声の演技って凄いなーとか、良い物を持ってらっしゃる(股間に?【笑】)のかなーとか思ったり思わなかったりしました(笑)。

あー、でも朴さんも舞台やってるのか。では誰でも出来る訳でも、なる訳でもないのかな。よく分かりませんね。
で、最後は麻里奈さんが風呂底に沈められる演技だったんですけれど。確かにブクブクブクってこんな感じだよなぁと思ったりもしました。ブクブク長いよ。それ死んでますね(笑)。

麻里奈さんの最後死んでしまうキャラってセキ・レイ・シロエと自分の好きなアレとみなみけの夏奈ちゃん以外に、はて誰かいましたかですね。


【文化祭の華と言えばのお化け屋敷】
伊藤かな恵さんを怖がらせて驚かせたいので、つきましては伊藤かな恵さん退場せよという展開。
そして伊藤さんが戻ってきた時にはリスナーが全員 「しゅごキャラ」 のスタッフにすり代わっていて 「我々の力が及ばす、しゅごキャラが今月一杯で番組打ち切り」 になり、この場を借りて打ち上げを行う事になったと詫びるのでした。

それは伊藤さんも怖がるわ驚くわ。

本当は、近くに迫っていた伊藤さんの誕生日を祝ったのですが。

戻ってくると部屋は真っ暗で、恐ろしげな効果音や悲鳴の効果音が響き渡る。
会場の人間が顔を全員、机に付して机を無言でバタバタバタバタ叩き出す!
(割とマジでやられたら怖いと思います。ちょっと泣いていましたし。誕生日を祝って貰えて嬉しかったも大きいのかもしれないですが)。

それから全員で「かな恵ちゃん、誕生日おめでとう!」

ケーキとか出てきてドッキリ成功!という流れになりましたね。
しかもリスナー全員がしゅごキャラのスタッフに入れ替わっている訳じゃないですか。





画像【校歌斉唱】

神戸前向女学院。校歌
♯1

バラの花壇 くぐりぬけて
学食は 神戸牛

前向きな 生徒が集まる
私たち 学んでます! キラッ☆

きのうの自分を脱ぎ捨てて
さぁ飛びだそう 前向女学院。

#2
生徒達に 無茶ぶりいっぱい
あすやれば 大丈夫

先生の ブルマはきついね
ミーシャからも 一言ある! ニャー

スカートなびかせ 走りゆく
神戸 前女 神戸 前向女学院。



キラッ☆のやり方とか習えて良かったです(笑)。左の物は歌詞を書いたプリントに印刷されていた絵です。
何この面白変な絵達? キラッ×2(笑)。
画像をクリックすると勿論大きな絵が見れますので。麻里奈さんはヘンで好きです(笑)。

歌詞の説明をすると、男性スタッフがブルマ姿になった事があるんですよね。その事を歌っています。
ミーシャというのは猫のヌイグルミみたいなもので、麻里奈さんのご機嫌を伺う為に一度ラジオに登場しました。

ラジオで聞いて、この中に自分の声も混じってるのかと思うとヘンな気持ちになりました。
世界四大テノールだし。
ラジオ用のエンディングを録って一応終了ー。

画像


ミーシャの写真のアップは手ブレとピンボケでかえって恐ろしい感じに。



【前女名物萌え萌えジャンケン大会とか】 
収録後にはそんな恥ずかしい大会が。
使用済み紙バッグ(別に愛用品では無く、使った事のある事務所の紙バッグ【笑】にサインとか書いたモノにグッズを入れたもの×3)。何でそんなものなのかというと二人に負担が無いだろうという事でそうなったようです。

「まえじょめーぶつ もえもえジャンケン」 
恥ずかしながら振り付けコミでやってきましたが相変わらずジャンケンは一発で沈められます。
楽しかったです。放送される番組よりも全然楽しい訳ですよ。放送分は色々カットされていますし。

なので、行きたいのに距離とかを理由に諦めてしまうのは勿体無い 事だと思うのですよ。
お金なんてものは、使ってもまた働けば入ってきますから(バイトであろうと)。
お金が大事なのではなく、それによって得られるものが大事な訳じゃないですか。

年齢を重ねると、その内に本当に状況や条件が許さなくなって身動きとれなくなってくるものだと思います(笑)。
要するに…生麻里奈さんは、会った事が無い人が思ってる以上に井上麻里奈さん なので、東京羨ましいとか言うだけにならないで、機会があるならチャンスを掴みに行ったらどうでしょう、もう今から焦って始めませんかというススメだったのですが、そんな事をしたらチケットとかの倍率が上がって大変なので黙っていようと思います。

ところで帰りの飛行機は乱気流とエアポケットのはしごみたいな感じで、しばしば乗客の悲鳴が響き渡っていて楽しかったです。
子供達は割とすぐに「ジェットコースター楽しい系」の悲鳴になっていて「フッ、若いってのは良い」とマジで思いました。
無事に地上に降りられたら、考えるのは次のマリナ日の事であろう…。

『当機はただ今、スカイマークエアラインの戦闘旅客機と空戦中です』

急激に高度下がったりとかそんな感じでした。
こちとら、お子様等と違い飛行機での二日酔いにもなりましたが(笑)それらを差し引いても 良い神戸のマリナ日であったなと 薄れゆく意識の中思ったのでございます。


>しかもリスナー全員がしゅごキャラのスタッフに入れ替わっている訳じゃないですか。
これは嘘です。




画像


画像


画像





DJCD 神戸前向女学院。II
マリン・エンタテインメント
2008-12-26
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジオ神戸前向女学院。の公開録音に行って来ました。 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる