薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽海野チカ展に行ってきました。

<<   作成日時 : 2011/08/13 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公式 〜ハチミツとライオン〜 http://3lion.younganimal.com/exhibition/

画像とか文字エフェクトとかかけようと思いましたが18日までだしそれ過ぎたら情報としてあり得ないのでそういうのは後に付け足します。

行って来ましたよ。いや素晴らしかった。目の前で原画が見れます当たり前だが(笑)。
20センチまで、時に10センチまで目を近付けて見ました。…すいません5センチは行ってた。

カラーは絵の具とコピックなのかな。水彩絵の具とコピックでした。コピック。同人作家が誰もが一度は手を出すが卒業(使いこなせなかった…)の名の元に離れて行くアレです(笑)。たまには毒を吐いてみる。

何かですねー。現物良いね。PCの中に有るだけのデーター絵って何なのだろう? 不思議…とすら思えたりしました(笑)。
虚(キョ)とまでは言わないけれど、有る物なんだー無い物なんだーってツマラナイ事を考えてしまいました。
データー絵ってのが“無い”物なのかって言うと、勿論そんな事は絶対にないのですが。違いは感じられてしまいました。

この紙に触れて描いていたのかと、そこにいない羽海野さんを案外身近に感じられる物なのだなと原画展てさ。
恐るべし原画展。
見ながらスルーっと流れて行く人もいるのね。勿体ない。大体リア充どもでしたが(笑)。負けた気分です。でも勝ってる。

原稿も展示してありました。セリフのフキダシ入れるのに原稿切り取って穴開けて裏から紙当ててとかもしてるんですね。
あと写植の下から羽海野さんのセリフとかの文字が鉛筆でかなりはみ出して残っているんですが、商業の印刷ってこれ拾わないの?
同人なら完全アウトですよね。青鉛筆すら時に拾うし。

PCに取り込んで消すのかな? 良くわからないです。
ネームの詰め方の八分割した物をベタペタ切り貼りしてその作業を数回繰り返して詰めて行く羽海野式方法とかもホウホウと思いました。

漫画コラージュする時に近い事はしてましたが比べたら失礼でしたね。
この人の絵は柔らかくて暖かくて大好きです。水彩も優しい画材ですが羽海野さんとタッグ組むと2000万パワーズ過ぎる。

ラフに描かれたアイデアノートみたいなのも見れました。こういうのこそ見れないですし。

コミックス持って行って展示してある原稿と見比べたりもしたかったです。中々の盛況ぶりで無理だったと思いますが。
一時間で見れる物なのかと思ったら2時間弱はいましたね。少し混み気味ってのもあったんですけど。
無料のロッカーが会場内入り口にあるので、それなりの重さの荷物持って行く人は利用した方が良いですよ。
集中してみましょー(笑)。自分にも他人にとっても邪魔になりますし。

行けて良かった。コミケから寄る人もいるのかな20時までやってるし。
ファンなら是非。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽海野チカ展に行ってきました。 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる