薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒木飛呂彦原画展 in Tokyo行って来た。

<<   作成日時 : 2012/10/24 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

何故、一本気なオレが六本木に行ったのか(うるさい)。

もうチケット全部無いってさ。凄い人気。魔少年BTとかバオーとかゴージャスアイリンとかの原画も見れました。
コピック(?)のはみ出しが段々減っていくのが分かった(笑)。ほとんどカラー原画です。

カラートーンって言うの? ビニールみたいな色とりどりのトーンがびろーんって貼ってあるんですが経年により浮き上がってるの。カラー原稿に一発勝負でホワイトをパパっと散らしていたりとか昔からやってる漫画家は大変だよなぁ…と思ったんですが、今もPC使ってないのかこの人は。キャラを切り抜いてずらして貼ったりとか色々やってるのね。

PC作家は楽してるなぁ(笑)。

ホワイトで十字切って真ん中にホワイト落として、その真ん中をピースコンみたいなのでホワイトほわっと吹いてオーブみたいなの描いてるんだーとか絵の描き方とか無縁な自分も何だか楽しかったです。

平日の12時から行ったからなのか来てる人は20代の人が多かった。リアルタイマーいなかったです。
歴浅い連中?(笑)。←何様?

でだなー、気になったのは最近の絵柄で昔のキャラ描かれるのが嫌だって事に気づいた(笑)。
ジョナサンとかツェペリさんとか承太郎とか細いの(笑)。

細マッチョですらない。ジャニーズ体型みたいなのもいて何かやだった。
石仮面とか壁に掛かっていたんだけど不気味で良かったです。やっぱジョジョバーの手作り石仮面はそんなに出来良くなかったのだなと思えた(笑)。

あとブラフォードのプラックの剣も展示してありましたが中々のビッグサーベルでした。迫力あったなぁ。
タルカスの剣ならどんな化け物ソードだったのだろう…。

実際に立体で実物大の物見れるのはやっぱり良かですね。あと常人では握るのも大変なグリップの大きさはブラフォードの戦士としての体格の良さも感じさせてくれました。ただ剣のグリップの形状はいまいちでした。太さに変化の無い棒みたいで。下に行く程細くなって無いと。

一番迫力が有って大好きだー!って思ったのは柱の男バージョンのサンタナでした。ナチスに切り出されて持って来られた感じ。質感も素晴らしかったです。彫像のようでもあり、二部好きにとっては生きているんではとすら思えるあのサンちゃんな(笑)。

周りに複数の石仮面はべらしているサンタナ。先ずデケー! 誰も勝てないと思える体格。美しいの。
分厚いし足もでけーし。

自分は動けなくなってしまったんですけど皆サクサク進むの(笑)。意味がわからない?!

特に女子脳は立体物に興味沸き辛いのか? さて血を与えるか。

あーでも柱の男ならカーズ達の罠彫像姿も興奮するでしょうねぇ。まぁ自分が一番このイベントで心を奪われたのは1/1のこのサンタナさんでした。眠っちまった名無し(サンタナ)に一杯石仮面置いてあげたカーズ様達も割と優しいですよね。能力低いが固体に対しての関心が薄い割には同族愛みたいなのはあったんだろうな。

承太郎と三部ディオの1/1も有ったんですよ。ディオのブッチャーみたいな靴がエナメルなカラーでもはやピカピカ金属色って感じで素晴らしかった(笑)。あのつま先で刺されるよ。承太郎も良かったけどでかい彫像稼動みたいだった。ディオはちょっと細いんですよね。ジョナサンの体では無い。

杖助の1/1もいましたよ。草履みたいな頭が本当に凄かった。サザエさんではないよあれは。草履(笑)。
絶対我慢できないで草履って言っちゃって〆られるわーオレ(笑)。でか立体凄いね。

ブチャラティの1/1もいましたよ。おかっぱの癖に格好良いわ(笑)。デカいジッパー服は面白いと思いましたけど立体で1/1で見るともっと面白いんです。ジッパーで通路作られた鉄壁みたいな展示物もありました。
くぐって良いんですけど、あれ写真撮れるようにしなければ駄目な展示物だと思いました。

特に一人で行ってる身としては薦められてもどうしようもないんですよね。ジッパー空間から顔出しても自分ではどうなってるのか見えんし。

1/1の露伴ちゃんはグッチ展でも見たのだ。久しぶりの再会でしたね。荒木服と荒木絵を良く立体にしているなと思った訳さ。ちっさいの持ってるのですよ。

そうそう、壁にはジョジョの擬音があっちこっちに貼られていてですね、よくネタが尽きないなとすら思ったのでした。
見に行けて本当に良かったです。グッズはもう欲しいものはほとんど売切れてしまっていました。

パンツ欲しかったなぁ。
レシート見ると三時間居たみたいです。その位は居られるイベントでした。

他の人とは違う天才の作品に囲まれたのだなという満足感を感じた一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
裏山歯科。
都心に住んでいる人はこの手のイベントに気軽にいけて嫉ましい。
血をズキュンズキュン吸われてしまえばよかったのに!
いや、それもうらやまし…くはないな。

Dioが小さいというのはなんか残念賞ですね。
第一部版なら分かるけれど。
ジョナサンの体なんで身長2m超えてんですよね。

>最近の絵柄で昔のキャラ描かれるのが嫌だって事に気づいた(笑)。
あれにはガッカリさせられますね。
本人がインタビューうけた時の話では、
あの当時は北斗の拳とかあって、
そういう画風が受けていたからあの形になっただけで
本来の自分の絵はマッチョ系じゃないよってことらしいです。
だからって過去のキャラを好きに描き過ぎじゃないか?

>今もPC使ってないのかこの人は。
だってそれだとスタンドが使えない、インク飛ばせないしw
ってかアナログ極めちゃってる人はアナログで作業した方が早いんだと思いますよ。
ファンとしては荒木先生にゃ、
鳥山明先生みたいにデジタルには走ってもらいたくないですね。
過去の鳥山絵は好きですが、デジ絵になってからの彩色や絵は正直嫌いです。
なんかぬた〜っとしてるんですよ。
昔のDBの扉絵とかドラクエのキャラ絵とか今みても素晴らしいのに、なしてああなった?
ジョカトーレ大澤
2012/10/24 23:33
本当にねぇ。親に感謝です。東京で生んで東京で育ててくれた。
キャラメイキングでそこで全部使い切った感はあるが(笑)。
絵を描く人ほど逝くべきイベントでしたよ。埼玉だって近いっちゃ近い関東地方ですぜ。

遠征してきてる人もいたのだろうなぁ。

>あの当時は北斗の拳とかあって、
タルカスぶっ潰した時に「ケンシロウか!」って突っ込んだ覚えあるなぁそう言えば(笑)。アナログの方が早いとか便利とかいう発想は無かった。

なるほどぉ。やっぱりそっちの方が漫画家って雰囲気はするなぁ。
そう言えば車田正美のPCワーク堪能してきました今日マンが喫茶で。

酷かった(笑)。冥王神話だっけ? かなり以前に描いたものなんだろうけど。全編カラーなんだけど絵も酷くなっていたし台詞も酷かった。

ハーデスを倒しに童虎が乗り込もうとしたら「そんな事をして(教皇に)怒られないか?」とシオンが諌める。小学生か!(笑)。PCで色々出来る事を楽しんでしまっている新米PC作家の作品の気恥ずかしさを堪能した(笑)。
色々酷くなっていたんだなぁ。

また有るなら是非行きたいイベントでした。この展覧会の公式からライブで会場の中覗ける日が有るよ。スタンドが徘徊するって体で。雰囲気は伝わるかも。

次は30日の夜中だけど。
薙原
2012/10/25 00:35
>絵を描く人ほど逝くべきイベントでしたよ。
参考にならなそう。
3日で週刊連載の原稿上げてたとか人間じゃないし。
よくよく考えればデビューで手塚賞準入賞なんですよね。
出てきた時からもう凄いという。

>車田正美のPCワーク堪能してきました今日マンが喫茶で。
ここ10年くらい作品見てないのでどうなってるのか心配だなぁ(汗)
最近は原作ばかりやってる印象。

聖矢はΩが色々製品化されるみたいですね。
むかし出たPS3の聖矢無双をもう一度作り直して欲しいな。
それこそΩキャラ入れれば新規客も買ってくれて一石二鳥ジャマイカ。
ジョカトーレ大澤
2012/10/28 09:59
ヴージニアによろし〜く(スッパァ)←わが師トンペティ合流時みたいな書き方だ

でしたっけ出ビュー作。まぁ読み切りであれなら合格だ(何様だ?!【笑】)。
関西とかあっちの方にも下りて行くのかと思っていたら東京で終わりだったみたいで「展」。関西に下りて行くって書き方でイラっとさせる作戦です。向こうの人達に(笑)。


星矢は最近昔のをCSで見ているのですがドクラテスが美形キャラで、記憶って当てにならねぇなぁと思ったデスよ(笑)。

ドクラテス妄執拳ではなくヘラクレス猛襲拳だったし。
あとサンチュアリがテロ組織で、タンカーとか沈めたり戦争に介入して世界征服目指してるかの様な悪の組織で笑った(笑)。

ゴーストセイントとかクリスタルセイントとか車田さん怒っても良かったのよ?(笑)。そろそろスチールセイントも登場かな。笑う準備は整った。
薙原
2012/10/31 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
荒木飛呂彦原画展 in Tokyo行って来た。 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる