薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS ももクロ試練の七番勝負 episode.3 第3戦「ももクロ vs 教育」に行ったんだ

<<   作成日時 : 2013/02/12 03:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鶯谷って始めて降りたのですが…えっちな町って認識でOK?(笑)。
さてよ、行ったんだよ、聖地巡礼みたいでした。第一回第二回で見たももクロちゃん達が歩いていた町並み。あの駐車場じゃないか、って事はここ振り返ると階段が、有るっ。とか。それだけで楽しめました。

さて入場は170番台でしたよ。割と前の方で見れるって事ですよね。舞台まで10メートルは距離なさそうでした。
手作り衣装の女の子達が熱かったです。エロコスプレ衣装屋で無断で売っている海賊版を着てくる様な恥ずかしい女子などいる訳も無く、ちゃんとしたファンが集まっている会場でした。


【あっちゃんとか】
ももクロちゃん達が登場する例の階段が思いの他低かったです。あちこち映像と印象が違うなぁと思ったりしました。会場入ると総合演出の佐々木敦規さんが先ず目に入ってちょっと嬉しかったです。

ライブの演出もしちゃうしバラエティーもこなすしドラマも撮れるわで、中々の怪物だなと思っている訳ですよ(で、その出してくれる物全部が好きなんだ)。川上さんとかゆみ先生とか、この人のお陰もあって、(親も)ももクロちゃん達は大人をコケにしない、大人が好きで、大人を尊敬できる素直な娘に育ったんだよなぁと思えるんですよね。まともな大人万歳。

そんなんだと「盗んだバイクで走り出さないし夜の校舎窓ガラス壊して回った」りしないんですよ。

そして川上さんを見たよ。二階で会場や機材やスタッフの様子を気にして回っているみたいでした。大抵のももクロファンがそうである様に、自分もマネージャーの川上さんが好きだったり信頼していたり尊敬したりしています。ももクロちゃん達を見ればどんな人かちょっとは分かる気がしますし。

そんな生川上さんを見るのは始めてだったのでかなり高まった(笑)。
いよいよ開始。立ち見ですが席は真ん中くらいかなぁ。もっと前で見たかったけれども後ろを見たらもっと恵まれていない人の波。目の前の一人が背が高くて杏果を良くブロックされていました(笑)。

180センチ身長が有ると世界が変わるんだろうなぁ。二時間ちょいの時間ずーっと背伸びして見ていました。戦ったなぁ(笑)。すまんな後ろの人達。運不運、戦いは有る物なんだ。

女の子スペースが前方にあって、その柵ごしの後方三列目に行けたので基本的視界は悪くなかったです。背の順イベントとかあっても良いかも。


画像【そんな事を考えていたら開始さ】
ももクロちゃん達が黒のセーラー服姿で登場。
うわっ、可愛い(笑)。垢抜けない感じの地味目なセーラーなんだけど却って良いんですよ。
改造「可愛いでしょ?セーラー」じゃないのがももクロっぽくて良い。こんな近くでももクロのライブ見れた事が無かったから感動が更新されましたぜ。

声が一ヶ月間出せない杏果がテーマの「教育」に合わせて彼女のソロ曲「教育」を…歌わず、かかっている歌に合わせてスケッチブックに書いた歌詞をめくるというヒライケンジや鉄拳さんみたいなパフォーマンス(笑)。
ノリノリで凄い楽しかったです(笑)。声が出せなくても出来る事で頑張ってくれていました。
流石パワーエイジの後発エース。

初近距離しおりんの可愛さは神々しいくらいで、この日はメンバー中で一番インパクト受けました…(笑)。あーりんは本物の方が可愛い! 映像でも可愛いがあーりんこんな可愛かったかーって。

夏菜子ちゃんはオーラが有って特別な感じの可愛いさで目が吸い付けられました。もっと他の皆の事も見たいのに迷惑な話だなと。…マテ(笑)。

高さんは通常営業の安定の可愛さでした(笑)。一人だけ、特別可愛さにビビらされた気はしなかったんですが(笑)やっぱり一推しの縦えくぼは恋の落とし穴の高さんでした。本当にいつも笑っていて笑顔が良くて幸せな気持ちにさせられてしまいます。猫っぽい? 高級じゃないやつ。


【ゲストは尾木ママ】
この人の出てくる番組はかなり見ている方だと思う。子供の事を考えている中々上等な部類の大人の一人なんですが(笑)教育とは何ぞやという質問で「教育は愛とロマン」との回答。「教育に必要な物は何か」って質問ならそうなんでしょうけど、その質問ではそこにはいかないと思う(笑)。

「マネージャーさんとか、(ももクロは)愛は皆から一杯貰ってると思います」ってな事を夏菜子ちゃん食い気味に。それはつい出てきてしまう実感なんだろな。

マネージャーという言葉が出るのですよ。よく文句を言う割にマネージャーへの感謝がいつもとても強いんですよねこの人達。以前ヒーローは?って質問に「マネジャーさんです」って玉ちゃん答えていたりするし。オヤジって感じなんだろな。白髭海賊団。

「学校とは何か?」って質問では…何て答えだったかな。漢字をバラして「木と交わって学ぶ所」って言ったメンバーもいましたが、それ林間学校?(笑)。

ちょっと細かい表現は忘れちゃったんですが意訳で書きますね「学校とはトライ&エラーの砦」的なのがオギーの意見。

英語では無かったんですが、何かをやってみて失敗しても良い場所的な話を聞かせて貰いまして、ああその通りだなと感心したのですよ。ちなみに夏菜子ちゃんは砦が読めず「ヘキ!」と読んでいました。

「壁」っぽい漢字だと思ったのでしょう。そんな彼女が好きだ(笑)。 


【川上学級】
川上マネージャーが先生で、クラスの彼女達が彼に対しての不満を言うコーナーが有ったんですが。「気まぐれにすぐ怒る」「人のせいにして認めない」「変なことを教える」「ファンの前でいい人ぶる」とか非難轟々で(笑)、さっきここで書いた「マネージャーさんとか、(ももクロは)愛は皆から一杯貰ってると思います」ってのと合わせて本当に(トータルでは)楽しそうで良い関係だなと思えるんですよね。

教育の質が素晴らしいのはフィンランドって話が小木ママから出たのですが、しおりんが彼の国について知っている事を発言する機会があったんでしたっけ?(ちょっとうろ覚え)。
「フィンランド(式)ハグ」とかしおりんが言い出したんですよ。皆「?」って思っていたのですが、どうやらスリーパーホールドの仕草をしているみたいで。

川上さんに教え込まれて信じていたいたらしいです(笑)。プロレス技として何となく有りそうってその時のノリだけでちょっと言っただけだったみたいですが。「変なことを教える」ってのはこんな感じらしい(笑)。コーナーの間中、川上さんが二階のスタッフスペースからマイク無しの大声で(良く通る)言い訳したり時には謝ったりしていました(笑)。

最初から最後までずっと腕組みして、二階からももクロちゃん達を真剣な顔で見守っていました。
時には少し表情をほころばせながら(笑)。川上ファンなのでちょこちょこ見てました(笑)。

んで川上学級ですが、もう一人のマネージャーのともみんこと古屋ともみさんがセーラー服姿でモザイク代わりの擦りガラス箱を被って登場。こっちは別に似合ってないです(笑)。自分達の事を優しく気遣ってくれるもう一人のマネージャーって紹介で。良くポカをするマネージャーでもあるんですが彼女の事件簿も紹介されてました。


【古屋智美という女】
初期の頃の手作りっぽいイベントの時にチーフの川上さんに「お前は照明をしっかりやってれば良いんだよ!」って怒鳴られて「私、照明じゃないのに!」って全てが嫌になって一週間漫画喫茶に逃げて連絡も取れずに出社せず(笑)。

その後も怒られて嫌になって漫画喫茶に一週間逃げ込んで戻って来た時にメンバー全員で号泣している映像が残っていまして、で、その時に着ていたとともみんのTシャツの背中の文字が「LIFE IS FUN」で(笑)後で気付いたメンバー達が「なんだよソレ!」ってツボっちゃったという(笑)。

最近もあったらしいんですが、「お前みたいに出来ない奴はいない」系の事を言われてしまい「それもそうだな」と思ったという「ともみん」。「もっと仕事を出来る人を入れて下さい。私は辞めますので」と言い出したらしいんです。

諦めと、ふてくされと、もっと仕事を出来る人を入れた方が彼女達の為だという気持ちが入り混じってそういう事を言い出したと思うのですが…良く分かる…。
言った事が有るんで…続けたい気持ちだって本当はあるのに(笑)。

遺跡調査の仕事の遺構の図面の仕上がりが遅いとか散々言われて「ああ、そうですね、だったらもっと出来る人に任せて下さい。」って怒りながらも冷静さを保とうとしつつ自分も言ったなぁ。全力でやってるんだよこれでも!って気持ちで。会場では笑いになっていたけど多分ともみん…相当追い詰められているんでは…逃げ出すくらいだし(笑)。

漏れ聞こえてくる話でしかないけど、川上さんのともみんの扱いだけは、ちょっとだけ限度超えてるんではって心配になるんですよね…(笑)。そこだけは、川上さんのちょっと嫌いなとこ?

画像古屋さんの事を「しかばね!」って呼んでた事もあったりしたみたいだし(笑)。そう言えば古屋さんってテコンドー元日本代表の岡本依子さんに似ている(笑)。
それは良いとして、古屋さんには「出来ない人」の優しさが有るんですよね。

しおりんが「ご飯食べる時間ありますか?」って川上さんに聞いたら虫の居所が悪かったらしく「そんな時間ねーよ!」って滅茶苦茶怒られた事があったらしいんですよ過去に。
何で怒られなくちゃならないのかって、しおりんも滅茶苦茶泣いたらしいんですが、ともみんは泣いてるしおりんをそっと連れ出してご飯を食べに連れて行ってあげたりした事も有ったらしいです。
怒られて本気で落ち込んだり悲しくなってる人の気持ちが分かるというか。これだって飯食う時間なんてねーって怒ってる川上さんにバレたら古屋さん結構怒られるかもしれないじゃないですか。
頼られ方が違うだけで、古屋さんも充分メンバーに頼られていると思うし、支えられていると思うんですよ。

有能で周囲や先が「見え過ぎたり」して「何でこんなのが出来ない? 分からない?」って思っちゃったりする所が川上さんには多分有って「トイレ行かせてくれなかった」ってのも「何で行ける時に行っておかないんだよ! 時間ギリギリになって言い出すんだよ!」(多分いつもみたいにじゃれたりして遊んでいたのでは無いかとも思える)ってのもあったと思うんだ。

まぁ、あーりんはその時「汗で出そうと思ってパフォーマンス頑張った」みたいなんですが(笑)。
良い娘だ(笑)。
アイドル扱った事の無い事務所だったからどう扱って良いのか良く分かっていなかったのかも的な事を何かの対談で言っていたような…。アイドル扱った事無いから「アイドルはトイレいかない」みたいなのを信じていたのかもしれないですね(いやちょっと待て)。


【ともみんコーナーの話に戻します】
辞めるって言い出すと、ももクロちゃん達に「ちょっと話そうか」って部屋につれていかれるらしいんですよ古屋智美さん29歳は(笑)。そして誰も来ないようにか逃げられないようにか鍵を閉められる(笑)。

「仕事なんだからやめたいからやめるじゃ済まないじゃないですか?」とか「急に言い出しても周りに迷惑かける事になるでしょ?」とか「やめるなら新しく下のマネージャーさんを育てて一人前にしてからやめないと」とか冷静に諭されるらしいです十代の女の子達に29才の大人が(笑)。

面白すぎるんですが(笑)。皆、ちゃんと大人な部分も持っているんですよね。
まぁ無断で一週間いなくなるマネージャーってのも凄いが、クビにしない会社ってのも凄いし、戻ってくるのもまた凄いし、周囲が許すってのも面白現象過ぎて凄いのですが(笑)。

最近もあったらしいのですが高城れにちゃんと二人でいた時に「私って誰かに必要とされているのかなぁ…」みたいな事を呟いたそうなんですよ(言葉ははっきり覚えていないです。なんせ現場で舞い上がってるファンの記憶【笑】)。

高さんに「私達は必要としているし、私達を助けてくれているって事は私達を応援してくれてるファンの人達にも必要とされてる(その人達の為にもなれている)って事だと思うよ」って言われて「うん! じゃあ頑張る!」みたいな事を言ったらしいです(笑)。

当たり前の事も分からなくなっちゃってる辺り、追い詰められてないか?って古屋さんの事が心配だったり(笑)もするし高さん達が大人として子供っぽく悩んだりすねたりするマネージャーさんと接している様子が聞けたりとかツボってしまったコーナーでした(笑)。でですね、仕事辞めるとか言い出した時、話し合いをして一応納得させられると、古屋さんはメンバーにケジメとして「やっぱりももクロが大好き!」って言わされるらしいです(笑)。
何だこの人達?(笑)。

この日も会場で言わされていました(笑)。嫌々言わされている感じを出していましたが、古屋さんは本当に幸せな人だなぁって感じました。


【素晴らしいチームだなと】
小木ママに言わせると、川上さんや彼女達の関係は「教育」とか「学校」としてとても素晴らしいとの事でしたが、そうだよなぁ…確かに凄く眩しいものなぁ(笑)。支え合えているというか。聞ける話から、皆が必要とし合えているのが分かるんですよね。

こんなアイドルグループって他に有るのかなって思いますよ。
色んな事務所から預かってるパックアイドルグループでは先ず有り得ないし。

川上マネエピソードって、下手すると、メンバー達に嫌われて遠ざけられるというか怖がられて、面従腹背状態になりそうなのも有りますよね。そんな風にはならない関係性って凄いですよね。周囲の大人達か信用に足りる人達ってのも有るのでしょうが、どうにもももクロちゃん達は現代っ子っぽくない(良い意味で)。

都会の子達風では無い(良い意味で)。
二時間ちょいの楽しいイベントもいよいよ終了。いつもは舞台の上を片付けてからのライブになるんですけれど、この時は机を残したままで。
黒板の文字を消したりと、まるで放課後の教室にいるかのような雰囲気で「空のカーテン」を歌ってくれました。学校すなぁ。れにさんは卒業したからもうセーラー服はコスプレなのか(笑)。


画像



良いライブでした。好きですももクロ。画像は色々無断転載。良い事ではない。









『ももクロChan』Presents ももいろクローバーZ 試練の七番勝負2012
太田出版
ももいろクローバーZ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 『ももクロChan』Presents ももいろクローバーZ 試練の七番勝負2012 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ももクロ試練の七番勝負 episode.3 第3戦「ももクロ vs 教育」に行ったんだ 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる