薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【6月15日公演 アイドリング!!!ニコはちライブ 2部】に行って来ました。

<<   作成日時 : 2013/06/17 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アイドリングの定期公演です。が席が良すぎた…(笑)。もうほとんど最前列。どうしてこうなった。
かえって緊張するわーとも思ったけれど人生で一回こっきりかもしれない(?)と思い楽しんで行く事に。
昼公演は人気メンバーの外岡えりかさんの誕生日会があったのでチケットが取れなかったのでした。
とんちゃん流石。

夜公演はとんちゃんはお帰りになられていました。残念。でも確かに次の公演に来たファンやメンバーにまたおめでとう的な事をされたら…ちょっと何か違う。女の子のファンの一団がいて、女の子人気も出てきてるのねーと思ったらそのグループ(?)だけでした。女の子へのアピールが足りないっ。ももクロどうしてああなった。

ニコファーレは相変わらずの特別なLED空間でした。ポケモン癲癇すら起こさせる事が可能だ。多分しないが。
暗転後メンバー三人が入ってきました。三宅さん・倉田さん・橘さんでバッキューン!

倉田さん可愛い(笑)。ダイエット企画の効果が、顔に少し出てきてるのを感じました。頑張っているのだなと。
敏腕AD植松さんの手のひらの上で転がされていますなぁ。「計画通り…」

そしてひぃちゃんは美しかったです。
女優さんが歌を歌っているのかってくらい。難点を強いて言うなら番組収録スタイルとでも申しましょうか、会場のファンに余り目線を落とさないのかも。ひとみ知りなんですか? まだ一人一人の性格を理解出来てないので分からないんだけれど。もったいない気もしました。会場の奥を意識の置き場にしてるよーな。

橘さんもは相変わらずスタイルが良くて華がありました。この日もガヤ飛ばしてくれるかと期待してました。
あんまり使われないガヤ(笑)。



【メンバーがずらーっと増えてモテ期の歌】
後藤さんも入場。イャッフー(笑)。だがちょっとだけ見づらいポジション。
だが近過ぎる位に近い。西武ドームや横浜アリーナで鍛えまくった忍耐力には余りにも刺激が強過ぎる(笑)。ぶっちゃけ、かざした親指で視界から隠せない位に近い。ももクロは大体隠せてきたよフフ(自虐トーク)。

そんな事よりも握手会に行ってしまう位にファンにさせられてしまった後藤郁さんがそこにいて歌って踊っているんですよ。しかも麦わらのルフィなら手が届きそうな距離に!(近さが上手く伝わらないたとえ)。
ゴルゴなら絶対に外さないであろう距離に後藤さん!(更に分からなくなる。最大狙撃距離二キロ)。

朝日の奈央ちゃんも好きだと言う事の再確認を迫られたライブでした。
本当に輝いている娘です。ネタで、男に違いない疑惑とか言われてるけど、後藤さんが見辛い時は朝日さんに目が寄っちゃっていました自動で。握手会でちょっとだけ奈央ちゃんが垣間見えた時も感じたが可愛いのです。

最早アイドリング一の美少女と言っても過言ではあるまい!(しまった、言い過ぎた)。


【ところで参加メンバーは10人】

12号河村唯 13号長野せりな 15号朝日奈央 17号三宅ひとみ 19号橘ゆりか
22号倉田瑠夏 25号後藤郁 27号高橋胡桃 28号石田佳蓮 29号玉川来夢

この位の人数がこの位の会場と舞台でパフォーマンスするってのは本当に「丁度良くて」見応えがあるのですよ。
ダンスでもきちんと動ける事もありまして、良い感じに圧倒して貰ってきました。

河村さんがこの日も綺麗だった事も書いておこう。背が高くて格好良い。そして場を楽しい物にしようとしてくれているのが伝わってくるうめ子さんぷりでした。長野さんが小さいってのも印象に強く残っています。

そう言えば握手会の時に「小さい」と言ったファンの腹を突然殴り、体を二つに折って胃の内用物をぶちまけて苦しむファンに対して「貴方は私の膝くらいの高さですね」と言い放っていたのが印象的でした。

嘘ですが。

石田氏、脚細っとかも改めて思いました。漫画のキャラクターですかと。黒い閃光アーネスト・ホーストさんが思いっきり蹴ったら折れてしまうのではないかと心配になる位の脚でした。

しまった、自分が蹴られても普通にアーネスト・ホーストになら二本まとめて折られる自信がある(笑)。
彼は史上最高のキックボクサーでしたね。タイプ的にはルーリーさんっぽい。

そんな事より石田氏ハスキーボイスには癒し効果が有りますね。
あだ名は石田氏で定着してるんですね。ならばここではEC/DC表記を提唱していきたいです。ジョジョ2部のエシディシの名前の元ネタみたいで超クール。

秋葉原の本屋さんで開催された五人握手会の時に、限られた時間の中で少しでも話す言葉を多くしてくれようとしてくれているのが伝わってきたんですよね。石田氏推しの人達は見る目のあるナイスな選択をされた事を誇って下さい。


【さてその後の自己紹介では「名作と言えば」みたいなお題で】
好きな作品を語ってくれました。自分は郁物語かな(誰も聞いてない【笑】)。

気になったのは奈央ちゃんの「ウィル・スミス」。作品ではなく人物を名作呼ばわりですか(笑)。奈央ちゃん好きなのね。
スミスさんの映画に外れなしなので同感です。今度機会があったら彼の作品で何が好きなのか語って欲しいです。

ひぃちゃんは「プラダを着た悪魔」だったかな。あの映画は自分も好きなのでとても親近感を感じました。
確か一年戦争でガンダムもそんな名前で恐れられていた気がします(うろ覚え)。

皆が当たり前の様に一個ずつ出す中「では三つ」と何故か三個言おうとする後藤さんのいつものちょっとしたズレが可愛い(笑)。大丈夫なのか?(笑)。ナチュラルボーン天然。メンバーに言われて「一個ならグリーンマイル」との事でしたがチョイスが渋いですねやっぱりこの娘は。

見た目の可愛さだけの娘ではないなーっていつも驚かされます。


【トーク明けに「センスオブワンダー」やったんですが】
皆歌が上手くなっているみたいなんですよ。
サマーライオンのオーディションというフレーバーで番組で歌の先生について貰ってボイトレしたみたいじゃないですか。
成長分考えると、それまであんまりレッスンやってなかったのかなとすら思えました(笑)。

個々(事務所含む)に任せるみたいな方針だったのではと疑えてしまう程、最近は全体での底上げがされてきているよーなと。正直、以前は友達にテレビ番組のアイドリングのライブ回は薦められ無かった…(笑)。楽しいから見てって友達に言ってライブ回だった時は「良さは伝わっただろうか…」と遠い目をした事もありました。
五期は六期生入れるって事になって自覚が増したのでしょうかね。立場が人を作るって言うし。

「ガンバレ乙女(笑)」とかの良い曲やってくれたし幸せでしたよ。つーかさ、メンバーと目が合うんだ妄想とかで無くれだけ近いと…(笑)。照れます! どれだけ推しててもずっと一人をガン見してたら悪いじゃないですか、やり難いだろうし(笑)。

それに他にも魅力的なメンバーが揃っている組織なので、後藤さんが後方に引っ込んだり見辛いポジションになり気味の時は別のメンバーのパフォーマンスにも注目させていただきました。ちゃんと。

自分は奈央ちゃん倉田さんに目が行きがちな人だという事に気づきました。明るくて人を惹きつける二人ですからさもありなん。舞台の上で照明を浴びた彼女達は一人残らずかっけー&可愛い&美しいと思えました。

この後、床が抜けて全員粉まみれになるとは…この時は誰も思ってもいなかったのです。
嘘だが。


さて、全員素晴らしかったとは言え、それでも自分は基本後藤郁さんの素敵ングっぷりに振り回されていました。


【目がなぁマジで合ったりする距離なんですよ】
革命的でした。笑顔も間近で見れたし良い日だった…。

身長の低さを蝶っぽいアクセサリーでカバー出来ていたせいかどこにいるかもすぐ分かりました。
週間アイドリングで「牛の匂いがすると思ったら後藤さんだった」みたいな名台詞でいじられていた後藤さんなればこそ、そうか、自分も牛のにおいで認識していたのかもしれないと腑に落ちてみる。

そう言えばだ、トーク中とかにちょっとウチワを上げようとした人が、メンバーから「後ろの人が見えなくなっちゃう」みたいに、はんなり素早く注意されてたりとか、注意的なものが何回かふんわりと出てきていたライブでした。
最近はそういうのがあるみたいですね。

大きな会場でのジャンプとか、問題になっているファンがいるのがアイドリングみたいだったのですが(自分も見た)、目が行き届く規模の会場でマナー向上に努めて貰う方針でやっていく事にしたのかな、とか思ったんですけど、だとしたら支持・支持です。
ファンも育たないといけないと思うんですよ。マナーやルールを守る方向でも。

そうだ、歌ってる時に橘さんが客席にカーンって靴を飛ばしちゃって面白大変な事になったみたいだったのですが…見てなかったー。後藤さんか奈央ちゃんを見ていたのか目撃出来なかった。
靴での怪我人は無しだし当てられたのならファンとしては嬉しいかも(笑)。

番組で足が匂うキャラにさせられた事のある後藤さんの靴だったら確認のチャンスだったかもしれないですね。
ファンがそんな事を言うな(笑)。橘さんの靴はカカトが折れたのかと思ったんですがそうではなく良かった良かった。怪我も無くて。


【長野さんと橘さんがニコハチアンケートで対決】
したんだけど橘さんやっぱり負ける。舌禍事件が元で。
「まだ誰も歌ってないしこの歌を」と、倉田さんが過去に歌った事を度忘れ発現。一気に長野さんに形勢が傾く。

そして長野さんちっちゃい、安定の「少女不安定」でした。trfのカバーで EZ DO DANCEをやってるんですが思いの他アイドリング向けの曲なんですよね。

実に格好良い。そして気合入れた後藤さんは凛々しいっ。時々ほっぺたを膨らます、可愛い(笑)。
後藤又兵衛もこんな人だったのかもな…とふと歴史に思いを馳せる。無駄に。

カバー曲と言えばももクロさんは実にカバー曲の選択が上手いのですよ。身内の良曲をカバーしたり、ライブで超盛り上がる曲としてガンダムのbelieveひっぱったり、当時盛り上がったアニメの曲を良い感じに乗り捨てたり(最強パレパレード)。
アイドリング!!!もグループに合ったカバー曲があと2〜3曲あってもいい気が。
良い歌一杯持ってるけど、良い意味で楽をしても良い気もするんです。かつてヒットした曲というのはヒットする要因を持っているという事なので…たいやき君とか。

EZ DO DANCEは会場も客席も一体になって大盛り上がりでした。倉田さんはダンス格好良いね。
だらだら長くなってしまうのでこの辺りで止めよう(笑)。


【凄く満足なライブでした】
ももクロ含めてこんなに近くで観れた事が無かったら本当に嬉しかったです。
全く別の体験でした。今までは15メートル以内なら「すご近っ!」って驚いていましたけれど、ももクロだけでは体験する事が出来ない感動とかを色々と経験をさせて貰っています。

アイドリング!!!好きになれて良かったー!(笑)と思っています。前にここのブログでアイドリングの事を書いた時よりずっと、一人一人のメンバーの事もグループの事も好きになっています。

ただ、ニコファーレでのライブでのLED壁面コメントは会場でメンバーも読む訳で。
もう少しファンなら節度を持って投稿してよと言いたくなりました。ネガティブコメントが目に入ると、あの場に居たこちらのテンションにも影響があります。言われたメンバー本人ならなお更でしょうし、貴方が推している娘達も、アイドリングの仲間の事を悪く言われれば悲しい気持ちになるでしょう。

メンバーをあんな所であんな風に攻撃するってのは、貴方が好きな筈のこのグループを攻撃してるのと変わらないと思うんですよ。結果的に。

と、それは今だから言える事であって、ライブが終わって、もうその日はただただ嬉しくて楽しくて幸せ過ぎでした。
またライブにもいきたいなと思っています。ご馳走様でした。




後藤 郁 郁物語 [DVD]
ポニーキャニオン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 後藤 郁 郁物語 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【6月15日公演 アイドリング!!!ニコはちライブ 2部】に行って来ました。 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる