薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今期のアニメについて

<<   作成日時 : 2013/08/01 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

色々書いてみようと思った。
今まで見て楽しくないからという理由で、悪意とか敵意とかから書いた事は余り無かったんだけど、やった事無いからよしやろうと思った。


画像Free!
ホモっぽい。腐女子様向けアニメ。だがいい! 個性が強烈という訳でも無いがそれぞれ違う美少年達がうだうだやってるだけだも面白いのだが、それに加えて水泳というスポーツ要素も大変熱い。お互いを認め合ったり必要としあったりしている感じも良い。才能に対しての嫉妬とかも描かれている。

最近の流行である五月蝿いパロディに全く頼って無いのも嬉しい。Free!はFree!って作品だけで完結するのだ。
EDも良いよね。男子の可愛さ! 男子の格好よさ! 男子の色気が描かれている。まんま作品に対しても言える事だが。でもそれだけに頼って無い作品だからこそ、こんなに見ていて気分良いのだろう。

笑いの間とか表情とか、芝居と画でいい作品になってます。ベタベタしていないさりげないサラっとしたホモッ気が魅力。


君のいる町
あざといちゃんがヒロイン。こいつ絶対に誘ってる。男落とす気マンマン。ノーパンのフリもします。健気アピールうぜ。
田舎が舞台だった割に金髪の不良がいる。青い髪も何人かいる。この町では青染毛ブームらしい。
他の娘と主人公が話していると虫に追われるテイで乱入。嫌な女だ…。


画像幻影ヲ駆ケル太陽
まどかマギカもどき。どう考えても。まどか大好きだった人が影響受けまくって一生懸命作った、厨二的黒歴史的恥ずかしさを持った作品。組織の要素を入れたからマドカとは全く違う完全オリジナルと強弁しても良いのよ。マドカは残る。これは残らない。
間にまどかのCM入れるのは虐めだからやめてあげて。腕がガリガリの骨腕で怖い。
おっさんやおばさんの絵が凄く不気味。少女しか描けない(描いてこなかった)人達が描いているからだろうか。


帰宅部活動記録
超そこそこ楽しいありがち女の子アニメ。断言しても良い。放送終了したら誰も覚えてない。
声優は新人なのか下手。パロディをあちこちに配置してボケ倒して突っ込み倒す。最近こんなんばっか。

勢いがあるようには見えるけどさ。こんなんばっかでもう嫌なんだ。
OPの曲とかPVが私立恵比寿中学もどき。プチパクリ体質は昔からのこの業界の特性です。


義風堂々!
原作力が低い。花の慶次に比べると。見たかったのは向こうなんだがな。セリフという言葉が日本語だと知る事が出来ただけでも有意義な作品でR。直江兼続さんと慶次が互角の武将と描かれているのもイメージ的にピンと来ない。兼続は彼我の戦力差に絶望して「ダメ! もうお腹切って死んじゃう!」って史実モードで諦めた人だ。ていうか慶次の事腕比べで負かしてたぞ佐渡の辺りのシーンで…。そういうの止めて。

オーラが見える小者とかハハハ。時代劇のOPをロックでとか飽きた。ていうかイージーだねそういうの。
あと月を愛でながら過去の無駄話にいつまでも興じる、上杉の執政って暇なんだね。


超次元ゲイム ネプテューヌ
幼女って言いたいだけじゃん。小動物の様に描いたキャラを愛でさせるだけの作品。
これに関わった連中全員死ね。終わったら誰も覚えていない。誰の一生物の作品にもなれない。断言できる。


犬とハサミは使いよう
作者なりに色々頑張って出したアイデアだったのだろうな。ジャンル女尊男卑アニメに動物虐待要素を加えてみましたみたいな。
ハサミって本当に今はやってるよね。強めに流行ると色んな作品で出てくる。個性的なアイテムをって事で選択されるのかもしれないけど、もう全く個性的なアイテムじゃないよね。
強めに流行るとそればっかになる業界(失笑)。

ボケ的なものを提示されて突っ込みをいれるというのがずっと続いたりする最近よくある作品。

本がたまらなく好きだって主人公が出てくるラノベだけど。多分作者はラノベしか読んで無さそう。ラノベだけ読んでラノベ作家になりましたみたいな。
女尊男卑ラノベばっか読んで女尊男卑アニメばっか見て「コレだ!」って思っちゃったんだろうな。哀れだ。


画像私がモテないのはどう考えてもお前達が悪い
CMの「魔法科高校の劣等性」って漫画? ラノベ? 「インデックスとかレールガンみたいなの書ける?」って編集に言われて泣きながら「書きます」って言っちゃった感じ? 内容知らんが。

それはそうと面白い。可愛いじゃんね。弟に対して引く位に素直だったり正直だったりとか。
ぼっちの人からの共感を狙っているのか。ある程度皆にあったりするあるあるなんだろうか。そうでもないか。
らきすたのこなたみたいな可愛い娘がヒロイン。
ちょっとクマっぽいお洒落に気を遣ってない美少女としてしか描けなかった作者の思い切りの無さ。
いや、エンタメだからコレでよし。リアル腐女子なんて見てもね。


恋愛ラボ 
きんいろモザイク

そこそこ楽しいガールズギャグ漫画。出来は良い。ツッコミが元気な、ジャンル「ツッコミモノ」。以上。


画像神様のいない日曜日
はいはい、美幼女と青年のロードムービーね、と思って消しながら見ていたら面白くなってしまって残念。
元々面白かったんだろなと思うけど気付けなかった。美青年はとっとと退場した。潔いな。背景とか美しい。ヴェネツィアみたいに描かれた仮面の町とか出てきたけれど中々に幻想的な風景でした。もうちょっと真面目に最初から見ておけば良かった。

設定も個性的でよろしい。生きてる死人が沢山いる世界で安らかに眠らせる事が出来る唯一の存在である「墓守」であるヒロイン。
ボケ倒して騒がしくツッコミ倒さないだけで良い作品に近づけるという例。


ふたりはミルキィホームズ
ミルキィホームズ転がすには、まぁこういう形しかないよなぁと思った。前作まで限界まで行ったと思うんで。滅茶苦茶なギャグ的演出とか。ラードの神とか。
今回はイカレタ(イカシタ)ギャグ演出は封印された、シリアス気味な新しいヒロインが活躍する新作です。同じ舞台でミルキィホームズはNPC扱いの15分アニメ。

前半15分は声優の実写パート。緑の人は相変わらず平安美人すなぁ。勝ち組声優三森さんとその他達。実写パート嬉しいか?とも思ったのですが、ここのファンは喜ぶ人も多いのだろう。武道館でライブ見に行く人もいるくらいだ。


画像ガッチャマン クラウズ
ガッチャマンが好きじゃない人にもトライしていただけるアニメです。全然違う作品。タイトル以外に面影も残していない。
ガッチャ服も現代的…じゃなくて現代的オタに合わせたスーツに変更になっています。タイガー&バニーみたいだったりブラスレイターの融合体みたいだったり。キャラもオタ向けにアレンジ。

ガッチャマンの絵が子供心に怖かったからこのリニューアルは歓迎だ。いや、でもこれなら何故ガッチャマンってタイトルでやる必要があるのか?
どこがガッチャマンなのかさっぱり分からん。
声優として参加しているアイドリング!!!の朝日奈央ちゃん目当てで見始めたんだけど、余りにも普通に演技できていて何の面白みも無い(笑)。

こんな器用さがある娘だったか。ただの仕事の出来る新人声優みたいでかえって何のインパクトも無い。


げんしけん二代目
デブ女オタがいるのがリアルだ。男の娘がいるのはリアルでは無いがエンタメとしては有りだ。



画像有頂天家族
耳が変。昨今のアニメの風潮としてどこの異国だよみたいな風景が多い中、京都が舞台。日本人としては馴染みがあるのでほっとして楽しめる。下らないボケの連続と下らない勢いだけのツッコミが繰り返されるアニメとは違う良さがある不思議な雰囲気のある作品。
流行と距離があるだけで作品としては個性的だね。
ジブリがアニメ化したそうなアニメ。

天狗がいたり人を化かす能力のある狸がいたり。
消しながら見てた事が惜しまれる。狸一族同士のいざこざとかも楽しい。


ダンガンロンパ
もうドラえもん以外声を当てないんじゃなかったのかい? え? 大山さんよ? 地声時代のドラでなくきちんと演技をしていた頃のドラ声で参加しています。
ゲームっぽい画面と演出ですが元々ゲームなんでしょうね。良い意味でゲームの雰囲気でアニメになっています。キャラの背景も色々でそんな惜しいキャラが惜しげもなく毎週一人ずつ殺されて減っていくのでハラハラドキドキです。殺し合いをさせられているのです。

毎回派手に血を流して死ぬのですが配慮なのかピンクの血を噴出しています。ピン血。配慮なのかドリル髪の女子が怒ってファックポーズで人差し指つき立てていたが、それでは何も成立しない。意味がわからん。意味が無い。やめるなり映像特典で中指版入れるなりせよ。


とりあえずこのくらい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
面倒でほとんど観てないですなー。
私生活の方が忙しいし、
あと似たような絵柄が多いしで、まず観る気にさせてくれるのがないという。
義風堂々!はたまたまTV付けたらやっていたので少し観たけど、
15分でTV消した。

新作じゃないけど、
TV埼玉で再放送していたARIAとかハートキャッチが突然やらなくなった。
なにゆえ?カレイドスターはまだやってるけど。

>でも薬を飲んだら物を食べられたり、食べる物を買いにいけたりもした。
油断してると薬が切れた時が地獄。
所詮痛みを誤魔化してるだけですから。
本来はこれ以上は危険が危ない!休め!
と体がサイン出してるんで休んでください。
ジョカトーレ大澤
2013/08/01 23:55
良い作品に出会いたいってのはあるので「探し」は続けちゃうんですけど、「探し」に時間かけられなくなったし、かけたくも「なくなって」しまったってのを感じていますねぇ。心から「やらかさ」も減ってるのかもしれない…(笑)。

ARIAと言えば監督が同じ佐藤さんの「たまゆら」今やっていますね。
どーもよくある「可愛い女の子アニメ」の一つとして埋没させてしまった感じがして楽しめていませんがな。

>病気
触ると首のリンパがまだ丸い半玉みたいに腫れてる(笑)。
市販薬のお陰で頭痛と節々の痛みと熱が下がったんですけど、たんが暗い緑で血が混じっていてどう見ても病人の物なんですよね…(笑)。

でもネット覗くくらいには回復した。
しかし、なるほど回復した症状は薬が歌っている効果だ…。無理して症状を解散させてるっぽいすなぁ。

休息と食事で根本的な直しをしたいです。
あと病気は予防なんか出来ない…と思った。トリツク気でいる病には抗えんのだと思う。

病気になった時の為に桃の缶詰を補充しときたい。あれなら食える。いかなる時も。
薙原
2013/08/02 00:37
ARIA、今日は普通に流れてたみたい。
ぬぅ?選挙や高校野球関係で放送していなかっただけかな?

いいもの探しは他の人に任せる。
周りの友人がお勧めあったら録画したの持ってきてくれたりするので
それでいいかなと。
自分で探す時は絵柄とお話のあらすじだけざっと見て決めることにしてます。
最近は絵でほとんど受け付けなくなったけど。
萌え絵関係は最初は良かったけど、
食傷気味でもう拒否反応出てしまう。
そいや、義風堂々!とかの作画見ていて思ったんですが、
絵を描き始める時に劇画を経験してこない人が増えたのかなと。
なんか絵の表現が凄く稚拙なんですよね。
昔のTVアニメより明らかに表現力がなくなってる気がする。

>病気
風邪じゃないけど、
電子書籍で小説読んでたら目の負担による頭痛で吐き気が。
普通の紙媒体の本だったらこんなことならないんですよね。
やっぱ紙だよ紙!
あと最近の研究で、電子情報より
紙による情報の方が人は記憶しやすいというのがわかったそうです。
ジョカトーレ大澤
2013/08/02 19:59
ARIA良いですよね。音楽といい奇跡の作品だー。漫画も大好き。
凄い作家だと思っていたけど、ARIA以外イマイチ刺さらないんだ(笑)。
あまんちゅもイマイチ合わなかった。過去作品集も脳内省スペース活動の一環として脳みそから削除澄みです。

ARIAのサントラは全部持っているから編集して職場でかけたりもしました。
小さな音で。

もええはもえーからもうええに変遷するのかもしれない(笑)。
つーか今年もヴェガに乗ってないし乗れそうも無いのに気付いた。

何でかというと仙台とかそろそろ七夕ですね。
お祭りと共に日本列島下に下りてきたなぁって思い出したっちゃ(仙台語)。
まだまだ俺のヴェガは廃線にはなっていない筈なんだが、そもそもプレステ動くだろうか…。
薙原
2013/08/05 23:03
夏コミある週末に向けて夏が元気玉作ってるらしい。
まぁ行かないから関係ないけど。
当日は身内や友人に死人が出ないことをかき氷でも食いながら祈ろーう。

>ARIA以外イマイチ刺さらないんだ(笑)。
ま、まぁ一本あれば良いんじゃないかなと(汗)
そしてそれがフェイバリットな一本だったなら。
この作家好きかも!とか思ってても、
よくよく考えると一本だけというパターンは結構ある。
三浦健太郎とか。・・・。

>もええはもえーからもうええに変遷するのかもしれない(笑)。
誰が上手い事言えと・・・w

ライトノベル系がどれも絵柄同じで話の流れまで同じなのは
何とかならないのかな〜と思ってたら、
ライトノベル作家が暴露していた裏話で、
これが売れてるからこれを書けと、
出版社から他の売れてるライトノベル送られてくるそうなw
なるほどな〜と思った。
そして同じような絵柄の人をつけたらコピペ作品の出来上がりと。
なんというコンテンツの食い潰し。
この流行長くなさそうでホッとした。

>何でかというと仙台とかそろそろ七夕ですね。
仙台とは違うけど、ねぶた祭りは凄く性的に乱れている祭りらしい。
路上で色々いけないことする人多数で、
地元じゃ豚でも相手を見つけられるから寝豚祭りとか言われてるとか。
つばさと喘ぎ声のする裏路地練り歩き隊。
ジョカトーレ大澤
2013/08/06 03:06
夏コミいけなくなった自分が悲しい。
行けないのも、行けなくちゃ死ぬ!みたいな気持ちが沸いて来ないのも。
いや、現役の頃もそんなに熱くは無かったけど(笑)死ぬほど歩き回って机の上を見て回るのは好きだった。

>これが売れてるからこれを書けと、
あるのかーやっぱり(笑)。作家を育てる気が無いのね。とにかく回転させてお金を作り出すと。似てるの書けではアニメ化には不利だったりするのだろうか。でもでもでもでもそんなの関係ねーなのかな。

ラノベではないものとして精霊の守り人読み終わったのですよ。
戦争に巻き込まれるんだが、ラノベなら、チャグムの横で将軍になったバルサが軍隊率いた経験なんて無いけど大活躍して敵を打ち破るに功績大みたいな事になっちゃうんだろうな(笑)。

そういうの無かった良かった。何人かの登場人物のフェードアウト感は半端無かったけどやっぱりいい作品だった。
ヴェネツィアのカーニバルも裏ではエロエロっぽいんじゃが、nhkとか衛星放送とかの特集では触れない(笑)。

ちょっとねぶた祭り行って来る暗視ゴーグルどこだったかな。
つばさは未成年ゆえお尻の穴を使おうと思う紳士心。
薙原
2013/08/08 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
今期のアニメについて 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる