薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013 ももクロ夏のバカ騒ぎ サマーダイブに行ってきた。その2(/3)

<<   作成日時 : 2013/08/10 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


その1からの続きです。http://steici-ya.at.webry.info/201308/article_6.html

【1曲目は「PUSH」でした】
オリンピックとかスタジアム(コロシアム?)のイメージが有るのはMVの影響大でしょうけどイントロが短くすぐ歌ですので日産での一発目として最高でした。
「記録を塗り替えましょう」って歌詞で始まるじゃないですが。

ももクロもそうですが、図らずも自分も含めて色々と更新させられた大会だったと思います。
ももクロの感動とかライブの素晴らしさを実感できたり全力で参加出来た自負もありましたし。

この歌はすぐ「皆さんも大きな声で 頼みます」って歌詞じゃないですか。試されてる!(笑)。

放水が凄かったんですよ。威力が増していたのか自分の所にも飛んできて、一発目は最高にテンションが上がりました!

一発目でかなり湿らされて、参加してる感が半端無かったです!
去年の西武ドームでの立ち見外野席での遠くでお祭りやってるなぁ…って寂しさ払拭!(笑)。
でも、今回も誰かがそんな気持ちになっているのかもしれないですね。

参加する努力を続ける事ですよと、今の自分ならアドバイスが出来ます。このパワフルな散水は猛暑対策の打ち水みたいな意味合いも有った筈なんですが、実際は良い感じの天候でしたので、もっと気温高かった方が個人的には夏の思い出感が高まっていたかもしれないとか思ったりもしていました。

放水はかなりの曲数で有り、直撃が来そうでいて、風で流れると貰えないポイントにいたので少し残念に思っていたのですが、二階席(七階)まで襲う大き目な水柱の直撃を受けられて、これまたテンションが高まり、余りにも楽しくて「バカだー!」って叫んだりもしてしまいました。

無用に騒いでいた訳では無いんですよ。曲中という事もあり、声は空に吸われて紛れがちになるものでして。
でもさ、10曲目の時だったかな。ワニシャンだったんですけど、物凄い直撃弾が来てしまいまして…。
OPで夏菜子ちゃんが「最後に皆さん!ズブ濡れになる覚悟、出来てますよねぇ!?」って言っていたのを常識の範疇だろと聞き流していたのを悔やむような奴がな(笑)。

高く硬く、天空高くに立ち上がったアリーナから吹き上がった水の柱が無風で小揺るぎもせずに自分達に向けて倒れ込んで来た。

あ、ヤバ…っと流石に思ったんですけどね。近付いてくるのを見ると水の柱と思えた物体も正しくは水の玉の連なりの様なものでして。ゴルフボール大の水の散弾が無数に、というか水の刀で体の真ん中を縦切りするかのように、ドラタタタタ バッシャーン!と(笑)。

酷すぎる!(笑)。

テンションがダダ下がりになる位に水を浴びる事が出来て…今となっては最高な思い出になりましたとさ。階段式になっている所にシートがあるので、構造上シートの下の水が全然はけないんですよね。

気付いたらシートの下に仕舞っていたバッグと紙袋が水没して水がしたたっていました…(笑)。
まさかこれほどの物だったとは!(笑)。去年ちっとも経験しなかったから分からなかったんだよ。
折角でかいビニール袋を入場時に配ってくれてい受け取っていたのに…。

箕輪はるかさんが参加したバージョンのワニシャンは自己責任に失敗し、水処理に追われていた悲しそうな後ろ姿の男がいたのだった。

1200円の扇子を破壊されていた人も大勢いたようです。自分も入り口で配られた紙旗が破壊されました(笑)。あと遠藤舞さんのポストカードが少しふにゃった…。

そんな事も全部含めて大事な夏の思い出なのでした! 良いぞもっとやれ放水(笑)。

ただ、しつこい位に水注意は呼びかけてあげると良いのかも。
武士の情けってあるやん?(笑)。

ワニシャンで扇子出させておいて放水ってわざと?(笑)。
わにさんは放水栄えする曲じゃからまぁしょうがないがのう。販売戦略?


【バカチャレンジ】
猫ひろしさんが来ていたの忘れていました。フルマラソンをしたいという事で、よし行って来いと(笑)。某24時間なチャリティマラソンとか割と意味不明だなと思ってる人なのですが、走りたいって人を止める理由も無いし。
それはそうと某フジテレビアイドルから猫ひろしまで奪うか、ももクロ…(笑)。

第二弾として、武井壮さんと突然ライブ中に100メートル競争とかもあった。
夏菜子ちゃんが20メートルのハンデを生かせず負けてしまったのだが。歌の途中でこういうのが有るのを嫌がる人達も少なからずいたようですが、バカ祭りなんだから、自分はこれで好い気がしました。

「BIONIC CHERRY」を普通に歌いきるバージョンはもう過去作品で幾らでも見ている訳ですから。
全部買ってるのさ。負けた時に歌詞の「甘くみたでしょ?」で皆から指差される演出も良かったしね(笑)。

しかしタフだなももクロは皆。


【セーラームーンの舞台発表とかもあったんですよそう言えば】
ももクロが主題歌を歌うアニメはもう本当なら始まっていた筈なんだけど頓挫していたアレ。この日の発表によると結局アニメはネット配信だけなんだって。

地上波ってハードル低いんだけどな。セラムン自体がもう評価されていないという事なんじゃろうか。話数もそんなにやらない気がするし。舞台立ち上げてお茶濁そうぜって事?
まぁいい(笑)。

土星に代わって生き埋めYo!



【巨大なトラックを丸い乗り物(動物の生首)に乗って一周したりもしたももクロ】
観客席に近付く努力を良くやってくれていました。まぁアリーナってだけで充分既に恵まれているんだが、あそこはあそこで死角になってしまう演出は色々あったらしい。死角になったり遠かったりする席でも、近くに来て貰えただけで救われるのよね。

去年の夏の西武ドームで、遥か遠くのお祭りを眺めている気分になりかけていた自分を救ってくれたのは有安杏果さんのハイタッチだった。

関西方面でメンバーが通り過ぎる時に乱暴狼藉があって、それほど時間は経っていなくて、しちゃダメな気もしたけれど目の前を走って行く時に恐る恐るちょっとだけ手を出したら、むしろ杏果からパシっと手を伸ばしてきてくれたのでした。

「地球に生まれてきてよかったー!」と嬉しくて織田的なモノが降りてきたのよ。
「オーマイトレジャー」と思っていたら、その後ろを走ってきたリーダーにもして貰えたのでした。
なので西武ドームが好きです(笑)。

西武といえば松崎しげるさんがまたいらっしゃりやがりました(笑)。南国ピーナッツというあだ名をつけられた、しげるが結構好きだ。松崎さんにとっても六万人を前に歌える「縁」って凄い事なんでは無いかなと思うけど、緊張なんてしないんだろうなぁ。さてももクリの発表ですよ。

西武ドームで!
屋根を数本の柱に乗っけてるだけの、壁無しなんちゃってドームで真冬の12月23日に!(笑)
ファンは着込めば良いけどさ、ももクロって基本衣装が薄着じゃん? 可哀想なんじゃが…(笑)。
まぁ当たりたいよ。春の西武ドーム外れて運気もたまっている筈。六万収容の日産でも外れた人が大勢いる訳だから狭き門だろうけど…(笑)。



画像【ハーフタイムショー的にサッカーの過去のレジェンドみたいな人達が】
サッカーをやったりもしたんですよ。やっぱりあのでかい芝生はきちんと使いたいじゃない?
本当にももクロは…おかしいですね(笑)。ライブ中に横道に逸れるっていうのは、色んな意味で余裕が無いと出来ない事じゃないですか。

これって物凄い事だし、ももクロ的だなと自分なんかは思うんです。
ももクロも試合に加わりましたよ。
ここで意外に頑張ってくれていたのがあーりんでした。

いわゆるボールに向かってホーミングしてしまう団子サッカーで、サッカーのプレイとしては稚拙なのかもしれないけれども、ずっと、しつこい位にメンバー中でも一番ボールに向かって走っていたんですよね。
それだけ運動センスが乏しくてサッカーが分かってないって事なのかもしれないけれど、あーりんは意外に思われるかもしれないけれど、実はかなりタフですよね。

他のメンバーに比べて遜色ないどころか、持久力って事だと、皆を越えて粘り強く体力を発揮する事があります。
ももクロのメンバーからは、一人残らず、未だに驚かされます。
美(び)しょいわぁあ〜りん。


そう言えば屋外のサイリウムやペンライトの灯りは、今の時期、約一時間刻みで見え方が変わった。
六時までは皆消していたくらいだと思った。六万人のサイリウムは本当に星の海って感じでした。

ももクロ史上過去最大数の星の海でした。自分にとっても人生初の光景でしたし。
ももクロイベントだから良い感じに均等な感じでカラフルなんだ。貴女たちを応援する気持ちでここにいるよって光が、実は六万なんかじゃすまない数で存在していました。


2013 ももクロ夏のバカ騒ぎ サマーダイブに行ってきた。その3(/3)に続く。
http://steici-ya.at.webry.info/201308/article_8.html






クイック・ジャパン 109
太田出版
百田夏菜子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クイック・ジャパン 109 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013 ももクロ夏のバカ騒ぎ サマーダイブに行ってきた。その2(/3) 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる