薙ぎ原っぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/16日のアイドリングNEOの湾岸個別に行ってきてました。

<<   作成日時 : 2014/04/11 02:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像相変わらず記事が遅い。
衣装はこんな感じ。科学忍法無断転載(これは単独ライブの時の画像です)。
13時からの第一部から参加してきました。早目に行ったのはももクロの国立競技場のイベントがあったので。
握手会チケットはまたしても買占めが有り、売り切れになったりもしたらしい。

これ毎回の事になりそうですね。この一週間後の湾岸スタジオのイベントではイベント開始前に五部のチケットが早々に無くなったとかなんとか。紙束みたいなチケット持っていた人もいたそうな。順次売切れていくチケット。順調と言うかいびつに。グループもメンバーも疲弊しそうな楽しみ方ですね。まぁこのくらいで。

全員に行きたくて7枚購入しました。三枚買い足しましたが(笑)。会場は、メンバー同士だけが見えないだけの軽く仕切るパーティション。オープンな感じ。握手しているのが見えるの。ファーストの時もここの会場でこんなだったなぁと懐かしく思いました。
後方にはファンの待機スペース通路が壁に沿って用意されていました。

…だが二部にはパーティションを厳しくして待機スペース廃止。普通の握手会になった。
握手しないでずっと入り浸ってる人とか、鍵閉めとやらの牽制で様子見するファンが出てくるからなんだろうか。
第一部の後、運営は何かしらキレた(笑)。


画像【先ずはミケに並びました】
顔に傷がついているみたいに見えて心配だったんだけれども、前の人と話している「顔に塗った」みたいな声が聞こえてホッとさせられたのでした。

ワムウぶってみたのかなと納得したのです。いよいよ自分の番「怪我したのかと思って心配した」みたいな事を言ったら「怪我したんディスよっ」とな。

髪に当てるコテで火傷したそうなんですが。割りとしっかり三角形ぽい跡が二個くらい残っていて「えっ? 大丈夫だったのっ?」って聞き返してしまいました。

「めっちゃ顔色変わってるじゃないですか」って笑ってましたけれど、なるほど顔色が。やはり自分は彼女のファンなのだなと思った(笑)。そら心配しますがな。新衣装がまた大胆でですね。お腹出てるしスタイル良いし。

NEOの単独ライブ行った時にも舞台の彼女を見て思ったのですが、どんどん綺麗になっていくなーと。
そして相変わらず面白い。良くファンを見てくれているし覚えていてもくれる。
個別握手は一月のアルバム以来でした。

その時にも随分改善されていたんですけど、去年の11月のmeromero個別で感じた弱点みたいなのもすっかり今回は無くなっていました。「個別でミケ列が途切れる事があった」みたいにmeromero当時言われていたんですが、それも分かるなぁと実は思っていました。。

当時“楽しいけれど楽しめなかった”みたいな気持ちになったんですよ。
頭と口の回転が速すぎて矢継ぎ早に言葉が出てきて振り回されたんですよね。話したい事も半分も話せなかったみたいになって「会話」になり辛かった。会話をして貰えなくて受け手に回らされてしまい、楽しいけれど、回数行って楽しむ感じのスタイルではないなと当時感じたんです。


つまりこいつの剣技みたいな会話スタイル。

画像アタール/アタロ(Ataru)
全7種の中で最もアクロバティックなフォーム(型)。体術に重点を置いたフォームで、ヨーダなどが主に使用。
「ヒットアンドアウェイ」という言葉がまさに当てはまるフォームで、全身の柔軟性とフォースを使っての飛び跳ねで目まぐるしく動き回り、全方位から相手に攻撃を行う。

アクロバティックな動きにより体格差を補うことができ、威嚇・牽制の効果も高い。しかしながら、それらが通じない相手には甚だ不適切であり、動作の大きさ故に隙も多く、危険が伴うフォームである。


『通じない相手には甚だ不適切』ってのは実に言い当てている気がしていました。
ミケは大事だけど握手会なら他のメンバーに行くって人も、以前は結構いたのではないかと愚考してみた。
マシンガントークで喋るせいか当時のミケは良く水を飲んでいたのでした(緊張して早口にもなっていたのかな)。

ミケは実に聡(さと)いので、本隊含めた他の全メンバーと比べても色々な事で改善スピードが速く、また早いと感じる事が良くある…というお話でした。酷い猫背も直った気がしますし(笑)。
褒めすぎるのもあれなので、さてディスるかと(…なんでやねん)。

「カエル顔だよね」

「ミカエル(ミケーラ)ってぐらいだし」と本人にも言ったけれども(ディスのカードでディスられる以前に自分も思っていました)「なんですかソレっ。でもそれはむしろ嬉しいですよ」って逆に喜ばれました。ちょっと意外なくらいにリアルでカエルが大好きみたい。

二回目行った時に、ちっぽけなものだったけれどカエルグッズをプレゼントしたら喜んでくれて嬉しかったなぁ。
桜なカエル。大雪の日に吹雪に遭いながら&遭難しかけながらミケさんへのお礼用のカエルを求めて旅立った事があったんじゃが、その一つを結構喜んで貰えて、甲斐もあったし嬉しかったなと思ったのでした。

桜グッズでもありセカンドシングル発売のお祝いのつもりでもありました。
すぐに二部で着けてくれたけれど衣装にだったから、大丈夫だったかなと思ったりもしました。 でもホント嬉しいし少し照れくさかったりもしました。

そしてももクロの国立ライブの事前確認を、握手会場に来る前に済ませて来ていたのですが、そのリスト紙バンドに興味を持ったみたいだったので「千切られると入れなくなるからやめてね」って言ったら「ヤバイ、ちょー千切りたいんですけどっ、イヒヒヒヒっ」みたいに言われたのでゾっとした(笑)。

この娘はこの娘で天使って感じですね。自由気ままな感じが。北欧神話のロキみたいな感じも(笑)。
第二部を含めて、気が付いたら最多の四回お邪魔していました。頭が良くて自由で綺麗で何だかわからん可愛さがあって、好きで応援したいメンバーです。


画像【後藤かおるんの所に行く】
二回行きました。トレカとかDVDとかで後藤さん用にお金を使う予定があったので少なめ。
卒業直後のタイミングで卒業おめでとうはきちんと伝えられて良かった。
卒業できたんですねと伝えると「頭は良いんよ、しないだけで勉強はやれば出来るの」って言ってました(笑)。

鷹匠の話をした気が。鷹匠の話は鷹の本を見て良いなぁって思ったりしてたそうです。後藤さんは鷹っぽい顔してるという話もしました(深夜の音楽番組でミケにも言われていましたが)。

以前マジシャンズレッドに目が似てるという話もした事があったのですが、最近ミケに良い感じにいじられているので『向こうの方が鷹匠っぽいとか、「アレ取ってきて下さいよ」って言われて「わかったぁ」って取りに行く感じが鷹と鷹匠の関係っぽい』みたいな話をしたら「ミケを手なずけたら最強で良いなぁ」と言っていました。

どうも勘違いしてる様なので訂正。後藤さんが鷹ですよーって(鷹顔やし)。後藤さんは結構「先輩」風吹かすというか(笑)先輩であるというプライドが高い人みたいで後輩に使われる感じが嫌らしいし、まさか自分が鷹扱いとは最初思いつきもしなかったみたいで、それは「イヤダ」と拒否(笑)。
それはさておきとても気の合うミケという後輩が出来て本当に良かったなと思ったのでした。


【関谷さんにもいつも通り行って】
カニ子つながりの小さなカエルグッズをプレゼントさせていただいたのでした。
ミケにあげた物と同じシリーズなんですけど、背中に小さなカニが描いてあるやつで、本人も最初は気付かず、からかわれたのかと思った様子で、明るいいつもの笑顔と可愛い声で「カニじゃないじゃないですかー」って。

教えたら「おーっ、ほんとだーっ。カニ子だからですか?」って言われました。その話でDiverCityIdolFestivaの時のカニ子の話をさせて貰いました。いつもライブ中なのに超ガニマタで頑張る関谷さんの勇姿を見て笑ってしまうって(笑)。
これは本当に何度見てもなんですよね。

皆が楽しそうにしているのを見るのがとても好きなんでしょうね。良い意味で、良い感じに調子乗りですから彼女(笑)。

大人で落ち着いている様でいて「ミケに見せよう」ってカエル好きのミケさんに自慢する気満々で、そんなちょっと子供っぽい所(笑)を見せて貰えた事からも二人の関係性を感じる事が出来て嬉しかったです。

「ライブで居たの分かりましたよ」って言われて時間切れだった気がします。
関谷さんタイムは気分的に落ち着いて話せるし、慌てないで済むからとても自分にとっては素敵タイムです。

で、二週目の時にその、ほぼ一週間前のDiverCityIdolFestivaの時の事をまた言われました。「お時間です」って係の人が声をかけたんですけど、関谷さんが掴まえていてくれて、『NEOでの出番で緊張していたけれどライトがついた時に(自分が)いたのが分かって(会場の真ん中位の高くなってるポジションで、ほぼセンターで見れたのですが)心強かった』みたいな事を言って貰えました。

凄く嬉しかったです。他のアイドルのファンとか大勢来ている形式の合同イベントで、いつもイベントで見かける知った顔があったから少しだけ落ち着けた程度の事だと思うんですけど、こちらがして貰えてる事の方が断然多い中…ナンと言うか鶴の恩返し的な…つまりDIF行って良かった(笑)。

恩返しみたいなのがちょっと出来ていたならホントに嬉しいんですけどね。
この人はイワユル「釣り」としてではなく、こういう気持ちを素直に伝えてくれる人だと思っています。
運動部の人の良い例として後世に語り継いだり継がなかったりしたいです。自分のアイドリングライフに必要欠くべからずな大事な素敵なメンバーです。卒業をおめでとうって云えられて良かったー。


画像【伊藤おやびんにも会いに行きました二回】
覚えてますよって言ってくれましたけれど、きっと実際にそうなんだと思うんだ。良くファンを見ている人だなって感心しています。

ちょっと持ち物の話になって、金額が23万円ですって話になったら「23って私を推すしかないじゃないですか」みたいに明るく可愛く言われました。人気あるの分かりますね。頭の回転も話のテンポも良くて楽しいし。

このおやびん、前回のCD対決を終えて、NEOを終わりにして戻りたがってるのがしばしば感じられてショックを受けた事もありましたが(笑)。

彼女が、嫌では無い形で(恵まれた環境として)NEOを続けられる事が出来て本当に良かったと思っています。伊藤さんという屋台骨を意識していなかったらNEOは有り得なかった事だと思いますし。

最近、良いリーダーとして尊敬してますね。立場が人を創ったのかな。そんな彼女にも卒業おめでとうって伝えられて本当に良かったです。


【橋本瑠果ちゃんにも勿論行きました。二回】
「眼鏡変わってますね」って言われて「サクラの木を使ってます。サクラホライズンだし」みたいな話をしました(笑)。
意外なほどファンの様子とか持ち物を良く見ている子でございます。

まいぷるさんへの手紙の時とかで素直で真っ直ぐな所が感じられて凄く良かったと伝えました。
こっちもアレ見て泣き笑いしたって(笑)。

「どうしてああなっちゃうんですかね?」って聞かれたんだが、うん、それはコッチには分からない(笑)。
その言葉にすら「心綺麗さんかコノー」って思わざるを得ません(笑)。

このまま真っ直ぐにこの娘のまま変わって行って欲しいですよね。身長も6センチも伸びて、“女子としての最初の関門(笑)”150センチメートルの大台にも乗ったようなので。

まだ150になっていた事を知らなかったから「あと半年で関谷さんの身長を抜いて」って何故か依頼をしてみたんですが(笑)153センチしか無い関谷さんって、この場合に限っては全然倒し甲斐のある相手では無くて、半年もいらないなぁ…って後で思いました(笑)。。

瑠果ちゃんは「絶対に抜きますよ!」って力強く約束してくれました。
本当に素直で良い娘で、親戚の娘感がハンパ無い(笑)。

アイドルとして新ジャンルなのではないでしょうか。みんなのいもうと、しおりーん。←これは分かる。

「皆の親戚の子 瑠果ちゃん」(笑)。

瑠果ちゃんは、お正月に家に集まったら笑いながら廊下を靴下でサーって滑ってずっと遊んでそうな親戚の子感があります(笑)。 番組でもアイドル電池切れて普通の子供みたいな感じになっている時がありますがあれはあれで善し(笑)。


画像【古橋舞悠さんの所にもお邪魔した】
相変わらず新高校生とは思えない位に「大学生生活をエンジョイしてそうヅラ」な大人っぽい古ちゃんでした(笑)。

最近キャラ崩壊してない? みたいな事を聞いたと思います。アメリカ、特にロサンゼルスが好きだと言っていた彼女ですがアメリカの首都も知らなかったりとか。

でもその事ではなく、最近一生懸命健気に頑張っている感じがして、ウザくなくなって可愛く思えてきてしまってキャラ崩壊を感じるって伝えました(笑)。

「どこがですか! 私ウザイじゃないですか!」

必死にキャラを守ろうとしていて…ここでも頑張ってるなぁって好印象を持ってしまいました。ウザくないなぁホント(笑)。

この娘のライブ力も物凄くアテに出来ますよね、橘さんも言っていたけど。
関谷さんだけでなくこの娘も同期にいるっていうのが凄い事だなと思えるのでした。
二人でライブを支える事が出来るから厚みも出るでしょうしね。

ちなみに去年感じたこの娘の握手会での弱点は、「良くも悪くも勢いで乗り切ろうとしている」事と「余り相手の事を覚えられていない」事でした。ミケと違って改善する力が強い、…って訳では無い娘ですが応援しています(笑)。



【佐藤麗奈さんの所にも行きました】
今回は国立のももクロのライブに行くのでそろそろ出ますと言ったら「良いなぁ!」って滅茶苦茶、素を見せてくれました。ザ・アイドルの仮面が剥げた!(笑)。

羨ましがるではなく悔しがる感じで、握手したままガニマタ気味にグシャっとしゃがみ込みました。
ザ・佐藤壊れた?(笑)。

上着の中のシャツの紫を見て「えっ? レニ推し?」

高城Tを指さすな(笑)。

高さんを呼び捨てとは(笑)。

画像さとれなさんはこの日も隙無く可愛かったです。ファンが激増中&熱心というのも頷けるのでした。
彼女は捌かなくてはならない人数が多い事と、自分が熱心に何回も行ってる訳では無い事もあって、さとれなさんには覚えて貰っていた事は一度も無い気がする(笑)。

そんな事は関係なく(笑)それでも良いし楽しい娘なので応援したいと思っています。

NEO期は本当にアイドリング!!!の武器庫みたいな感じですよね。

ガンバレNEO!

ちなみに自分は仕事を何とかやりくりしてNEOイベントに行っていたのでいつもこんな感じになっていました。ジョワッ↓

画像






Sakuraホライズン (初回受注限定生産盤)
エイベックス・エンタテインメント
2014-04-02
アイドリングNEO

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sakuraホライズン (初回受注限定生産盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Sakuraホライズン (初回受注限定生産盤)
エイベックス・エンタテインメント
2014-04-02
アイドリングNEO

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sakuraホライズン (初回受注限定生産盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/16日のアイドリングNEOの湾岸個別に行ってきてました。 薙ぎ原っぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる