ゲーム版「ひぐらしのなく頃に」感想5

画像画像は「ひぐらしのく頃に」OPより 竜宮・ソードストライク・レナ。ネタバレは一応無いつもりです。
古手梨花ちゃん良い子だ…。このゲームのオアシスですよね。「嫌な目」チェンジされるであろうタイミングで優しい言葉をかけられました。
これは圭一にはとても頼もく、優しく聞こえた事でしょう。

こんなゲームですから(笑)プレイヤーである自分も、キャラクターとしての圭一と近い、不安感を感じています。どうかこの子に危害が加わりませんように。
今はまだ、「ロリ担当キャラ」と「バット」しか頼るものが無い不安な状態です…(笑)。

いや、この章ではバットもまだでした。

死ぬっ、もうダメですがなにか?!(笑)。

ちょっとまて、やっぱり梨花ちゃんも…怖いですよ…。皆と形は違うけど。
青年団とか嫌ですね。うっとうしい制度ですなー。
この連中の強い結びつきとか、結束のある隣近所の姿に少し憧れもしましたけれど無理
そうです(笑)。人間うっすらと一人でいたい時もある訳で。

ギャー! ハシゴ揺らされたー!  ちゃんと怖いですね、この絵でも…。
うわぁ…やっぱり魅音好きじゃないですよ…(笑)。
魅音ってなんなのか…。

いよいよテレビ視聴の所まで追いついてきました…きついゲームですね…。
なんで自分(前原圭一)はこの状況でバビル二世じゃないんだろう…。

ひぐらしは日本という土壌があるからこそ出来たゲームって気がします。
外国だと「ミシシッピーバーニング」みたいな暴力の恐さって話になると言うか。

ゲームで神宮寺成美ちゃんに追いかけられた時の記憶が比較的、ひぐらしに肉薄してい
ますが…こわかったですねぇ…(笑)。成美ちゃんの目は心底怖かった…。

事故とか事件でクラスメートがいなくなった教室…ですか…。
今は現実の世界で、こんな状態を作り出す様な事件ばかりですよね。
そういうのって、子供にはきつかったり、子供だからこそ耐えられたり、するのでしょうか。

電話の音って嫌いなんですよね。何か。怖くないですか?
電話かかってくるのが分かっているのに、ベルの音に鳴られてドキっとしました。
良い客です…(笑)。
このゲーム、1000円という値段は到底納得出来る額ではありませんが…。
不愉快ですな。もっと払わせろと強く言いたい…(笑)。

うわっ、今凄い怖かった。初めて見たイベント絵(?)。
背筋がゾワっとなった…笑い声…。

このシーンはテキストの方が怖かったかも。原作ゲームの方が怖かったです。
文字の力で、強く出来る事があったり、アニメというもので出来る事もあるって事が良く分
かりました。ならば、漫画版も読むしか無いのでしょう。
漫画版での怖さが、今から楽しみにさせられてしまいました。

…この状況でバビル二世じゃない自らの愚かしさに腹が立ちます。
『この世界に放り込まれなくてはならないが、救済処置として好きなジョジョになれ
る』
としたらジョナサンだけは避けたい所です。ヤツは真っ直ぐ過ぎるので!(ジョナサン批判)。
そろそろ終わりのようです。とても辛いです。ボタンの掛け違いだったのでしょうか。

綿流し編を終了しました。

辛い、酷い話でした。酷いというのはシナリオが酷かったという批判ではありません。
殺したとか、拷問とか、そういった言葉にも疲れました(疲れたというのは、この物語への
「付き合い辛かった」という趣旨の批判ではありません)。
楽しい気分になれる話ではなかったですけれど、やれて、その事は良かった。

おまけ座談会か…。女優としての宴会なんかすぐに見る気はしないし、それで正しいとも
思います。…疲れました。
アニメ版を通しで、今度見ようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

景山
2006年06月10日 12:55
>今凄い怖かった。初めて見たイベント絵(?)。
あのシーンは怖いですね。
見た瞬間、背筋がゾッとしました。
自分は瞬間的な怖さでは、あのシーンが
ひぐらしの中で、一番怖かった気がします。

>魅音のハシゴ揺らし
ゲーム版は怖かったんですが、アニメ版は
魅音が不味い意味で人間辞めてたんで、
思わず笑ってしまいました。
「ちょっと待て!今お前凄い面白い顔に
なってるぞ!」と。(笑)
ビジュアルって大切ですね。(アニメは特に)
2006年06月10日 22:46
怖かったですよね~。アニメ版の完全な敗北。
魅音の頭は何か風船みたいになってましたね。
確かに吉田戦車みたいだったかも(笑)。

>「ちょっと待て!今お前凄い面白い顔になってるぞ!」
あ~…これ圭ちゃんとして頭上から言ってやれば良かった…(笑)。
「え? そう?」ってケロっと止めてくれそう(笑)。

さっきアニメ版「綿流し」最後まで見たんですよ。
…三話までは、アニメという形で纏めないといけないんだからまぁ…テンポ重視という感じかな、とも思えていたのですが、最後の話はもう何も伝わってくるものが無くなる位端折られててショックでした。

テレビで出来ない発言とかも有ったけれど、それにしても…辛さとか痛さとか全然伝えられなかったなと。

そして第一回目冒頭の包丁頭突きは何だったのか。
原作の方でもなかったし。

この記事へのトラックバック