BSの、とことん石ノ森章太郎を見たんですけどイマイチ

画像案外合わないなぁ石ノ森作品。好きなものもありましたけど、自分にとっては「設定とかは好きになれるけど」って漫画家みたいです。永井豪タイプ。

仮面ライダーとか好きな作品はありましたが、基本、設定屋じゃないですか。
設定とか作るのが好きな人。後はお任せ。自分が好きなライダーとかは結局テレビ版でして。

漫画とか実際面白いと感じた事が無いというか、深いのかもしれないけど説教臭くて。
「ピノキオは人間になれて幸せだったのでしょうか」
あー…。
仮面ライダーも漫画は合わなかったですねー。本郷猛死んで脳みそになって二号とリンク。
合わない人にはとことん合わない漫画家なのかも。

絵も魅力はあるんでしょうけど、体形とか…無理な人は無理ジャン。

イナズマンとかキカイダーとか凄く格好よかったし面白かった印象があったのですが、実際には自分は全然見ていなかったみたいです。何度目か知らないけど仮面ライダーの再放送見て、ヒーローブックとか買って、それに一緒に載ってるイナズマンとかのシーン見て、見ていたり、好きだった気になっていたみたいです。

再放送の無いエックスもアマゾンもストロンガーも全然見てなかったみたいです。人の楽しかった記憶ってこんなもんかー。

初めて見たイナズマンは物凄いものでした。撮影技術が無かったからしょうがないのでしょうが、「念力パーンチ!」とか。暗闇の中から突然手が伸びてきて敵を殴ったり蹴ったりとか。

話も唐突で「実は母」とか。仮面ライダーも石ノ森さんが監督してる回は変なものがあった気がしました。

今までのライダーシリーズの敵の首領は全て同一人物だったらしいです。ストロンガーの最終回は全員集合。

敵の幹部を人質にとったライダー一号の台詞がイカしていました。
「待て! マシン大元帥、動けば仲間の命は無い」

そいつらが片付いたらおかしな、ビルのような巨大大首領怪人(格好悪い)が出てきて(格好悪い)ラストバトル。巨大モノと等身大ヒーローのバトルはとことん相性が悪いです。

急に場面が不思議パワーでぐるぐる変わってその怪人の中に。奥に進むと大きな脳みそ。
「貴様らを倒して宇宙に帰るのだ」
宇宙から来た生物でしたか。

勝った。その回の監督は石ノ森さんでした。やはり餅は餅屋にというか、プロの任せられる人に任せた方が良い事ってあるなぁ。唐突でグルグルしていましたよ。

仮面ライダーブラックはテレビ版は格好よかったですけど、漫画は作者がやりたい事だけやっちゃったみたいな。コアなファンに深いって言って貰えるのが精一杯。
「俺は誰なんだー」ってラストはエンタメとしてどうなのあれ?

再販とかかかってないんじゃないかと思うんですけど。文庫版とか。
あと平成ライダーって面白いですよね。大人の視聴にもたえるというか。

自分はどうやら横山光輝が合うタイプ。

この記事へのコメント

ジョカトーレ大澤
2008年05月12日 00:35
石ノ森さん作品て言われてみるとこれといって好きな作品出てきませんね。
仮面ライダー原作版は別に好きでもないし。ってか子供の頃読んでトラウマ。
ブラック好きですが、これも原作版はどうでもいいかも。
平成版は555と剣好きだけれど石ノ森さん関係ないし。
まぁ作品あまり読んでいないから出てこないだけかもしれませんが。
自分も永井豪さんの方が好きかな。
っといってもデビルマンぐらいしか読んでいないんですけどね。
あとレディー。
レディーはレイプされ過ぎですな。レディー見つけたら即レイプッ!
デビルマンは衣谷遊版も面白いです。美形男性がみんなオカマ顔ですが。
ジョカトーレ大澤
2008年05月12日 00:38
よくみりゃ永井、石ノ森同列視でしたか(汗)
薙原
2008年05月12日 18:11
作品数700作品以上の漫画の王様みたいな事を番組で言っていたけれど、ゴレンジャーとか特撮物に関しては、ほとんどキャラデザというかアイデアだけというか。
あと700タイトルってのは、平成ライダーとか、リメイク物の漫画とかも数えてそうだなぁとか思ったり。

漫画家として持ち上げられ過ぎなのがちょっと気になるんですよね。
当時の漫画家として立派だったのかもしれないけど、漫画家ポイントから減らして偉大なる企画屋としての評価にまわすべきなんではないかと。

キカイダーの漫画とか立ち読みしましたけど「深いですね」としか言いようが無い(笑)。←便利な言葉として。

エンターティナーではないのかな?
でも一号二号ライダーの後にV3をデザインして、その後にアマゾンをやったっていう壊し方とか組み立て方は凄いんでしょーねー。
キカイダーとかのデザインも面白いですもの。

でも若いクリエイター達がリメイクした物は迫力あったりしますね。
やっぱりアイデアとしてとても素晴らしいんだろうなぁ。
薙原
2008年05月12日 18:12
あと仮面ノリダーを笑って楽しんだと言われている石ノ森さんは凄いと思う。
瀬戸の花嫁のパロディに噛み付いて放送取りやめにさせた遺族プロダクションは小さいと思うのです。

追伸
番組内で、V3とかやっていた宮内洋さんのしてくれた当時の話はとても面白かったのですが、自分達が真剣に番組作りに取り組んでいた事が災いしてか、最近のライダーとかを認められていなそうな印象を受けました。

当時と今じゃ色々違いますしね。「仮面ライダーは今でも見るようにしてる」という宮内さんの話が出て「おおすげぇ!」と思ったのですが、「飛び飛びになって、それでも五話くらいは」ってそれじゃ分かる訳ないどころか、返って駄目な印象受けるんではと(笑)。

「ライダーが沢山いてそれが戦っているとかはどうも…」
「我々の頃は武器を使わない」みたいな事も。

そうかなぁ。今までやってた事と違う事をやったり再構築したりとかはむしろ石ノ森さんっぽいのではないかと思うんですけどね(ライダーのデザインの変遷からも感じられたそんな石ノ森ズム)。
薙原
2008年05月12日 18:14
生きてライダー書き続けていたらいつか彼ならやったのではないかと(アイデアとか企画で。漫画は特に描かない[笑])。
宮内さんは相当自分達がやってきた事とか積み上げてきたノウハウに自信があるんでしょうね。それはいい事ではあるんですが…。
ジョカトーレ大澤
2008年05月13日 01:01
仮面ライダーってわりと早い段階で武器使い始めましたよね。
ってかバイクは武器ではないのかと(汗)
キカイダーは読んだ事無いのですが、仮面ライダーと繋がりあるんですよね。
スカルマンも実は元は仮面ライダーだったとか。
(容姿があれなのでボツにされたとか、んでバッタに)
薙原
2008年05月14日 06:03
エックスライダーはライドルスティックでしたっけ?
棒がデフォでしたよねー。ベルトになんか挟まってる。
スカルマンはしかし格好悪いから没になってもしょうが無い気が…(笑)。

骸骨マスクっ…もっと格好よくしようが幾らでも有っただろうに変なパーマンみたいで…(笑)。
最近アニメ化されて格好いいデザインになってましたね…話は全然自分には染み込んで来ませんでしたけど。

変身仮面バッターマンとかだったらライダーはシリーズ化されていなかっただろなと思うと石ノ森さんは流石だ(笑)。
薙原
2017年10月21日 03:14
外人さんのスパム消しに来て間違えてコメントくれた方のも消してしまったので別ウィンドウに残っていたのをコピペしておきます。

バカさらしの意味で(笑)。
θさんってのが名前の様です。

2016/5/14 00:03
お前ごときが偉そうに評していいわけ無いだろ。 ネット時代は馬鹿でも発信できるから困るな。 馬鹿仲間の俺からのお願い、 不愉快だから記事ごと消せ。
153.210.37.132
θ
いんすたぐらまー
2018年03月22日 02:22
ご無沙汰しております!
ブログの更新期待してます!
失礼致しました!

この記事へのトラックバック